« 走り屋タロウ | トップページ | ウロコ彫が終わった »

2010年2月 8日 (月)

森の写真動物記(5)クマのすむ山

森の写真動物記〈5〉クマのすむ山 (森の写真動物記 5)

感想:
表紙も凄いですが、中身も凄いです、なぜクマが人を襲う事件が増えているのか、クマが何を食べどのような暮らしをしているのかと言う疑問に、独自の視点から迫った写真集です。
表紙のクマのカメラマンをどのようにして撮られたのかも分かります。

とにかくお勧めです。

森の写真動物記〈5〉クマのすむ山 (森の写真動物記 5)

著者:宮崎 学

森の写真動物記〈5〉クマのすむ山 (森の写真動物記 5)

|

« 走り屋タロウ | トップページ | ウロコ彫が終わった »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

まったくです、ともかくこの表紙にはビックリ仰天しましたね。
宮崎氏が変なトリックでなく、毎回、真剣勝負で臨んでおられるがわかってる分、余計驚きました。

投稿: クワ | 2010年2月 9日 (火) 07時51分

クワさん、有難うございます。
本当に衝撃的な表紙ですよね、もちろん中身も・・

こんな写真死ぬまでには、一度撮ってみたいものです。。。無理かな?

投稿: てっちゃん | 2010年2月 9日 (火) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293131/33303302

この記事へのトラックバック一覧です: 森の写真動物記(5)クマのすむ山:

« 走り屋タロウ | トップページ | ウロコ彫が終わった »