« 光と影 | トップページ | アオシギDANCE »

2012年1月29日 (日)

マガモのデコイ

キレンジャクは、羽の重なりを彫り始めたところですが、少し放置して、頼まれモノのマガモ♀のデコイを彫ることにしました。

何でも、庭にある池に浮かべたいらしく、細かなスジ彫りをしない、スリックタイプなので、そんなには掛からないかも知れません?でも、早く完成しても池は凍っているでしょうから、4月中旬ぐらいまでに完成させれば良いかな?

Img_7867sこちらは、羽の重なりを彫り始めたキレンジャクです、ヤスリがけしていないので、ガタガタです。。。

Img_7863s昨日から彫り始めた、マガモのデコイです。

Img_7872sフォーダムで、荒削りして5時間ぐらいで、だいたい形が出来ました。

Img_7873s工房の引いた写真です、バンドソーと、フォーダムがあれば、荒削りはあっという間ですね。

こちらは、フォーダムで荒削りしているところです、顔が写っちゃいました。。(〃∇〃) てれっ☆

|

« 光と影 | トップページ | アオシギDANCE »

カービング」カテゴリの記事

コメント

浮かべるデコイとなると、ウエイト調整が大変でしょうネ。
てっちゃんなら慣れてるから大丈夫かぁ。要らぬ心配でした。

昔のデコイには、ウエイトに鉛を流し込んだとか。
今は鉛の毒性問題で他のウエイトになってるんでしょうネ。

多くの鴨達には散弾の鉛玉が入っているなんて話を聞いたことがあります。
鴨もデコイも鉛入りなんて、笑い話にもなりませんが…。

え~、息抜きに5~6センチの鴨でも作ろうと思ってたのですが…。
てっちゃんの真似じゃないですヨ。本当にそうおもっていたんですヨ。(笑)

ふー、鉄読者用ネタが今終わったところです。(; ̄ー ̄A

投稿: こっぺる | 2012年1月29日 (日) 15時41分

こっぺるさん、こんばんは!

いえいえ、水に浮かべるカモのデコイは、始めて作るので、オモリの調節をどうしようか、考え中でした。

とりあえず、おしりの方から、お腹の下に穴を開けて、オモリを入れて、ニスを塗ってから、風呂にでも浮かべて、バランス調節してみます。

そうですね、カモ達は、消化を助けるために、砂利などを飲み込むらしいですが、この時に一緒に散弾も飲み込むそうで・・・

オモリは、やっぱり、釣り用の鉛のオモリじゃマズイかな?穴を開けて入れて、蓋を閉めたら、水に浸かることはありませんが・・・

5~6cmのカモですか?息抜きには良いかも知れませんね?

実物大のマガモは、やっぱりデカイですね、こんなのスジ彫りしたカービングを作る気にはならないです。。。

投稿: てっちゃん | 2012年1月29日 (日) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293131/43910778

この記事へのトラックバック一覧です: マガモのデコイ:

« 光と影 | トップページ | アオシギDANCE »