« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

コンデジを買った

今日は朝から雪降で、だんだん吹雪になって来ました・・・やっと3日間ぐらい暖かかったのですが、続きませんね・・・今年は四寒三温ぐらいのペースでしょうか。。

この前7Dの修理代が痛かったのですが、前から買おうと思っていたニコンのコンデジのP310を、買っちゃいました、あまり7Dを酷使せずに、たまにはP310でデジスコでも、撮ろうかと思っています。

R0026705sカワセミ君とP310です、ポケットに入れて普段持ち歩けるサイズですね。

R0026707sデジスコに接続するための、カメラ、ブラケットも一緒に買いました。

Dscn0012sで、そのP310で撮ったカワセミです、これでISO1600ですが、ほとんどノイズが気になりません。ISO1600は、7Dよりも綺麗かも? 早くデジスコで撮りたいのですが、しばらく天気が悪いそうです。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

部屋からオジロワシ

今日のお昼過ぎに、キャキャキャ・・・と、オジロワシの鳴き声が聞こえたので、窓を開けて外を見たら、池の側に、オジロワシが降りていました。

Img_6931s池のそばに降りていたオジロワシです。

Img_6941sオジロワシの引いた写真です、どうやら、父さんが、死んだニジマスを、雪の上に上げたので、降りていたようです。

Img_6947s10分後ぐらいに、また鳴き声が聞こえたので、外を見たら、近くの木に2羽止まっていました、メスは、もうそろそろ、抱卵の時期に入ると思うのですが??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

道端が気になる季節

今日は街に用事があったので、2週間ぶりに、海岸付近を回って来ましたが、港には全く、海鳥の姿が見えませんでした・・・

でも、行き帰りの途中で、道路脇に居た、カワラヒワやツグミ、ヤマゲラなどを撮ることが出来ました。

今時期は、雪が解けたばかりの道路脇で、カラ類などの小鳥や、運が良ければ、マヒワ、ベニヒワ、ウソ、オオマシコなどが、見られることもあるのですが、今年は、本当に冬鳥の小鳥が、サッパリ現れませんね、どうしてしまったのでしょうか???

Img_6588sこちらは、行く途中で見たオジロワシです、うちのオジロワシかどうかは、わかりませんでした?

Img_6597sツグミは、あちこちで見かけました。

Img_6633sそして、道路脇で採食していた、ヤマゲラです、行くときは、気づくのが遅れて、近づきすぎたので、すぐに飛ばれましたが、帰りにも居たので、たくさん撮ることが出来ました。

Img_6637sこちらは、一瞬オオマシコか?と期待したのですが、残念ながらカワラヒワでした、カワラヒワもあちこちで見かけました。

Img_6643s興部港の近くから撮った流氷です、点々と残っていました。

Img_6649sこちらは、沙留岬から撮った流氷です。

Img_6672sアオサギを今年、初確認しました、アオサギはたぶん道南で越冬しているようなので、夏鳥とは言えないかも知れませんが、これからドンドン夏鳥が渡ってくることを期待しましょう。

Img_6702sそして、道路脇に居たツグミです。

Img_6714s近づいたら、飛び立って近くの気に止まりました。

Img_6661s富丘の駐車場からは、相変わらずホオジロガモの群れが見えました。

Img_6734s昼頃から強い南風が吹いてきたので、そろそろ流氷も見納めでしょうか?

Img_6743s海岸近くに残された流氷です、今年は久しぶりに、流氷をたくさん撮ることが出来ました。

Img_6803sこちらは、帰る途中で見たアトリです、冬鳥の小鳥で、見ることができたのは、アトリぐらいでしょうか?

Img_6790sそして、雪の上に降りていた、ハシブトガラです。

Img_6849sそして、行く時とは、数百メートル離れた所に居たヤマゲラです。

Img_6862s今時期は、地面に降りて、ミミズなどを採食しているのを、良く見かけます。

Img_6894s撮っていたら、そのうち飛び立ちました。

Img_6895sもう一枚、ヤマゲラの飛び立ちです。

まだまだ、雪が多くて、鳥の動きも、例年よりも遅い気がしますが、それでも、動き始めてきた感じがします? これからが、楽しみですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

雪上を歩く虫

今日は晴れ間も見えたのですが、すぐに曇ってきて、気温もあまり上がりませんでした・・・今年は雪解けが大幅に遅れそうですね?

R0026689s池の小屋の屋根の雪が、こんな豪快な落ち方をしていました。

R0026681s気温は+2~3℃ぐらいでしたが、雪の上をよく見ると、あちこちで、歩いている虫を見かけました、この虫はユスリカの仲間のようですね?

R0026682sこちらは、大きさ1mmほどの小さな虫です、たぶんトビムシの仲間だと思います、名前の通り、ぴょんぴょん、飛び跳ねていました。

R0026696sこちらが、一番良く見かける、オカモトクロカワゲラだと思います、そういえば、この虫が交尾するところを撮っているときに、7Dが壊れたのでした。。

Img_6367s今日撮れた鳥は、ヒガラだけでした・・・

Img_6406sヒガラのトビモノです。

Img_6423sネコヤナギは、だいぶん大きくなって来ました。

Img_6426s川もだいぶん開いて来ましたが、でも、雪が多いです・・

R0026686s最後に雪山に上がって様子を伺うタロウです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

7Dが戻ってきた!

今日、午前中に7Dが戻ってきたので、曇ってはいましたが、それほど天気も悪くなかったので、午後から試し撮りに行って来ました。

シャッターユニットを交換したお陰で、こんなにシャッター音が、静かだったけ?と思うほど、軽快な連写が出来て、なんだか連写が早くなったように、感じるほどでした。

やっぱり、7Dは良いですね20Dからみたら、かなり重たいですが、性能が全く違いますものね・・・ Img_6148s今日もゴジュウカラを撮ることが出来ました。

Img_6163sそしてハシブトガラも・・・

Img_6212s今日はコゲラをたくさん撮ることが出来ました。

Img_6247コゲラのトビモノも撮ることが出来ました。

Img_6248コゲラの連続写真です。

Img_6249コゲラのトビモノ3連続写真でした、3枚ともトリミングしています。

Img_6261sエナガも見ましたが、数枚撮ったら、飛び去って行きました・・・

Img_6272湿地で、早く雪が解けたところに、アトリが降りていました、こういう場所に、アオシギが居ないか、探しているのですが、今年も無理かも?

Img_6288sこちらは、ゴジュウカラのトビモノですが、羽を閉じていると、浮いているみたいです。。

Img_6296sこちらは、ヒガラです、右のボケている、赤白は道路のポールです。

Img_6266s今日もタロウは、雪の上を突っ走っていました。 やっぱり7Dは良いですね、晴れたら、またたくさん撮りたいとおもいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

久しぶりの撮影

今日は朝から曇りで、気温もマイナスのままで、寒い一日になりました。

明日には7Dは、戻って来る予定ですが、明日からまた、何日か天気が崩れる予報なので、久しぶりに、その辺に出かけて、20Dで小鳥を撮ってみました。

Img_2644sこちらは、ゴジュウカラです。

Img_2678sもう一枚ゴジュウカラです。

Img_2738sそしてハシブトガラです。

Img_2770sあっタロウが死んでいる。。。

Img_2773sそんなわけ無くて、ひっくり返っていただけでした。。今日は固雪で、雪原を走り回っていました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

声はすれども姿は見えぬ鳥、マイ・ベストテン

7Dの方は、総レリーズ数が、保証回数の15万回を超えていたらしく、オーバーホールするので、3万4千円もかかるそうです、仕方ないので、修理しますが、まだしばらく戻って来ませんので、今度は、声が聞こえてもなかなか、姿が見えない鳥の、ランキングをすることにします。

当然、ヨタカや、フクロウ、トラツグミといった、夜行性の鳥が入っても良いのですが、今回は、潜行性の強い鳥のみの、ランキングとします。

今回も、独断と偏見で順位を付けていますし、地方によっては、渡の途中で、見やすい鳥も居るかも知れませんが、その辺は気になさらず・・・

Img_115sまず10位は、声はすれども、姿が見えぬ鳥の、代表格かも知れません、ウグイスです、山の中にいるのは、なかなか見づらいのですが、海岸付近に居るのは、割りと見つけやすいです。でも、トビモノは、なかなか難しいかも知れませんね?トリミングしています2011年5月19日撮影

R0013750sそして9位は、同じウグイス科の、マキノセンニュウです、この鳥は北海道でも、見られる地域が限られていて、シリシリシリ・・・と虫のような鳴き声ですが、同じように、海岸草原でさえずる、コヨシキリのように、高い場所には滅多に出てこないで、低い所で囀りをしています。2008年6月9日撮影

Img_8538sそして8位は、こちらもウグイス科のシマセンニュウです、マキノセンニュウよりも、数は多いはずですが?更に潜行性が強くて、なかなか姿を見せてくれません。2011年6月18日撮影

Img_4979s7位は、日本で最小種の一つとされる、ミソサザイです、春先、川の近くで、早口で、囀りしているのを良く聞きますが、地味な色と小さい体のため、なかなか姿を見つけるのは難しいです。 2009年10月26日撮影

Img_11746位はルリビタキです、この鳥も潜行性が強く、割と標高の高い所で見られるらしいですが、この時は渡りの途中だったのか、運よくコムケ湖の海岸道路を歩いているところを見ることが出来ました。トリミング 2010年10月12日撮影

Img_4560s5位は、コルリです、トドマツ林などで、大きな声で囀りをしているのを、良く聞くのですが、姿を見つけるのは、本当に難しい鳥です。2008年5月24日撮影

Img_2365s4位は、こちらも日本の鳥の中では、最小種の一つの、ヤブサメです、藪の中で、シシシ・・・と、虫のような声でさえずりをして、この声は相当に高音域で、高齢になると、聞こえなくなるそうです?不格好なほど、尾羽が短いのが特徴で、姿を見つけるのは、至難の業です。2008年8月21日撮影

Img_9402そしてベスト3です、3位は、クロジです、去年始めて見ることが出来ましたが、巧みに姿を隠して、明るい場所には滅多に出てきてくれません、写真も良く撮れていませんね・・・トリミング 2011年9月27日撮影

Img_5466sそして2位は、マミジロです、この鳥を見たのは、たった一度だけで、タロウが藪から、追い出してくれて、枝に止まったので、撮ることが出来ました、まず明るい場所や、高いところには姿を現せない鳥ですね。2009年7月20日撮影

Img_7879そして栄えある1位は、エゾセンニュウです、鳴き声は、テッペンカケタカとか、テンペンハゲタカ、などと聞きなしされて、鳴き声が直ぐ側から聞こえても、巧みに姿を隠して、全く見つけることが出来ずに居ましたが、去年やっと、撮ることが出来ました、本当に最強の忍者鳥だと思います。トリミング2011年6月16日撮影

でも、僕の中でダントツの1番は、本当はコマドリなのですが、未だ撮ることが出来ていませんので、ランキングに入れることが出来ませんでした。。。

次回があるかどうか、分かりませんが、今度あるとしたら、北海道限定鳥にでも、しましょうか?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

イマドキの野生動物

自然界の報道写真家、宮崎学氏の、新刊です。

イマドキの野生動物は、なぜ人を恐れず、大胆な行動を取るようになったのか、それは、人間が都市に集中して、自然に関心を示さなくなったことに、他なりません・・・

宮崎学氏が、膨大な時間をかけ、日本全国を回って、確かな自然観と、高度な撮影技術で捉えた様々な写真が、視覚言語として、訴えかけてきます。

氏の集大成とも呼べる、渾身の一冊を読まずして、今の日本の自然を語ることは出来ないかも知れません?

9784540121166

http://books.rakuten.co.jp/rb/%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%89%E3%82%AD%E3%81%AE%E9%87%8E%E7%94%9F%E5%8B%95%E7%89%A9-%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A6%E6%80%96%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%81%84-%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E5%AD%A6-9784540121166/item/11597767/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍鳥マイ・ベストテン

本日カメラを修理に出したので、たぶん1週間以上は戻って来ませんので、全く更新しないのも、何ですので、たまには過去を振り返ってみようかと思います。

という訳で、今まで撮った鳥は、215種になりますが、その中で、珍鳥と呼べる鳥のベストテンを発表したいと思いますが、だいぶん前に撮った写真も多くて、不鮮明な写真が多いです・・・

順番はあくまでも、独断と偏見で付けていますので、その辺は、あまり気にしないで下さいね。。

10位から紹介していきます。 Img_227910位は、ヒメハジロにしました、コムケ湖に2ヶ月もいるから、ランク外にしようかと思いましたが、僕はあまり良い写真が撮れていませんので・・・2012年3月1日撮影

Img_02109位は、サルハマシギです、3羽居るうちの、真ん中と右がサルハマシギです。2010年10月7日撮影

R00103438位はシラガホオジロにしました、こちらはオスです、今年はコムケ湖にも現れましたが、僕が撮ったのは、興部川の河口近くでした。2009年12月29日撮影

 

R0010426同じく8位のシラガホオジロの♀です。 2009年12月29日撮影

Img_58907位は、ハジロクロハラアジサシにしました、こちらもなかなか見られない鳥かも知れません?フワフワと浮かぶように飛んでいましたね。 20011年7月14日撮影

R00254436位はマダラウミスズメです、この鳥も滅多に見られないと思います。2011年10月22日撮影

Img_02785位は、同じウミスズメの仲間のエトロフウミスズメです、額から前方に突き出た冠羽が特徴的で、遠くからシルエットでも、すぐに解りました。2008年12月25日撮影

Img_99604位は、ミナミオナガミズナギドリにしました、フェリーなどで、沖では割と見られる時期があるようですが、僕は陸から撮っていますし、撮る前まで存在すら知らなかった鳥なので、高順位にしました。サルハマシギを撮ったのと同じ、2010年10月7日撮影

Img_3961sそして、ベスト3ですが、3位は、コケワタガモにしました、左はシノリガモです、去年は稚内の抜海港に現れて、本州からもバーダーが訪れたようですが、今年は紋別港にも来てくれました、でも滞在日は短かったです・・・たぶんオスの幼鳥か、♀だと思います?この写真だけノートリでしたね。2012年1月4日撮影

Img_8710そして、2位はやっぱり、アカアシチョウゲンボウでしょうね、文句なしの珍鳥だと思います、同じ日にやんまさんが、紋別でオスを撮られていたのには、驚きましたが・・・2010年6月5日撮影

2sそして、栄えある1位は、文句なしの珍鳥の中の珍鳥、クロウタドリでしょう、撮った場所も、うちの庭ですしね、未だにこの鳥が、うちの庭を走り回っていた事が、信じられません。。まあ~見たのは僕だけじゃないし、写真も撮っているので、幻ではありませんけど・・・2006年6月2日撮影

Img_4735そして、惜しくもランク外になった鳥を、何種か載せておきます、こちらはオオハシシギです、左から、1番目と、3番目の黒っぽいのがオオハシシギで、他はアオアシシギです、こちらもなかなか見られない鳥だと思います。2010年10月23日撮影

22sそして、以前は普通種ですが、最近では数が激減した、シマアオジです、この時、シブノツナイ湖で撮ったのが、最初で最後になってしまいました・・・2004年6月13日撮影

S最後に、酷い写真ですが、アカモズです、この鳥も近年では、めっきり数が少なくなったのか、全く見かけません・・・2005年8月4日撮影 という訳で、不鮮明な写真が多かったですが、どの鳥も、そう簡単には見られない鳥ばかりだと思いますが、いかがでしょうか??シマアオジは、行く所に行けば、見られる可能性はありますけどね・・・

もしかしたら、次回もあるかも知れません、今度は普通種だけど、そう簡単に撮れない鳥ランキングにでもしましょうか??

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

7Dが壊れた!!

今日は朝から晴れて、良い天気になりましたが、あまり暖かくはなりませんでした・・・

午後からちょっと出かけたら、カラ類や、エナガもまた見かけましたが、あまり良くは撮れませんでした・・・

そして、オカモトクロカワゲラと思われる、雪の上を歩く虫が、交尾しそうになったので、それを撮っていたら!!

突然カメラがジージーと言う音が出て、モニターを見ると、、

「Err20 エラーが発生したため撮影できません。電源スイッチを入れなおすか、電池を入れなおして下さい」

と言うメッセージが出たので、電源を入れなおしても、バッテリーを入れ替えても、レンズを変えても、カードを取りだしても、ジージーと言う音が出て、エラーが表示されます。

とにかく、どんな操作をしても、ジージーと言う、うるさい音がするのです・・・これは完璧壊れましたね。

仕方ないので修理に出しますが、果たしていくら掛かるだろうか?なんだか、高そうな予感が?

この前、-20℃もあった夜に、外に数時間も放置して、星空をインターバル撮影したのが、祟ったのでしょうか。。。

カメラが戻ってくるまでは、使っていなかった、20Dを使うことにしますが、そろそろ、コムケ湖にでも行こうかと思っていましたが、しばらくおとなしく、マガモの色塗りでもしています。。

これから、鳥もやっと動き出して、面白い時期になってきたと思ったのに・・・

Img_5990s朝起きたら、ベランダにスズメが居たので撮りました、スズメは今年は冬の間は、1羽も居なくなりましたが、今月になって、戻って来ましたね。

Img_6030sこちらは、カラマツの松ぼっくりを啄くハシブトガラです。

Img_6053sエナガのトビモノは、ピンボケでした・・・

Img_6096sこちらは、逃げ水の中を走る、タロウです。

Img_6124sだんだん近づいてきたタロウです。

Img_6144sそして、雪上に居たオカモトクロカワゲラと思われる虫が、交尾しようとしていたので、撮っていたら、突然カメラが壊れました・・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

流氷がまだありました。

街に着いてから、用事を済まして、公園に行ったら、アカゲラやここでも、アトリを数羽みました、海には流氷が、ビッシリではありませんが、まだ近くにありました、何時まで見られるのでしょうね??

Img_5496s分かりづらいですが、公園で見たアトリの群れです。

Img_5509s同じく公園で見たアカゲラです、ちょっと、ジャンプしていますね。

Img_5559s興部港の横から撮った流氷です、このへんは、だいぶん沖の方にありました。

Img_5597s沙留の海水浴場に行くと、まだ近くまで流氷がありました。

Img_5599sこちらは、シノリガモの群れです。

Img_5616s遠くの流氷の上に、オジロワシのペアが乗っていました、こちらのペアも、そろそろ、営巣準備に入るでしょうね?

Img_5693sそれから、沙留港に行ったら、久しぶりに、シノリガモが居て、割と近くから撮ることが出来ました。

Img_5729sやっぱり港に入っていると、近くから撮れますが、この時は天気が悪くて・・・

Img_5755sもう一枚、シノリガモのオスです。

Img_5855sそれから、富丘の駐車場に行きました、海岸に打ち上げられた流氷がたくさん残されていました。

Img_5867sそしていつものように、ホオジロガモの群れが居ました。

Img_5796よく見ると、クロガモの群れも居ました。トリミング

Img_5889s帰る途中でもう一度、海水浴場に寄ったら、ちょうど晴れ間が見えてきました。

Img_5900sこちらは、遠くに居たシノリガモの群れです。 もう一度、富丘の駐車場にいけば、クロガモもバッチリ撮れたかも知れませんが、すぐに天気が悪くなりそうなので、帰って来ました・・

Img_5911sこちらは、帰る途中に、道路脇に居たツグミです。 そんな訳で、今日思わぬ収穫があって、たくさん撮ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街に着く前に・・・

今日は、朝のうちは雪が降っていましたが、雪が止んで晴れ間も見えてきました。

今日は街に用事があったので、出かけたのですが、途中で、ワシや小鳥など次々と見つけて、なかなか、街までたどり着きませんでした。。

Img_4902s_2まずは、今朝起きたら、やけに外が騒がしいと思ったら、久しぶりにアトリの群れが居たので、街に行く前に、撮って行きました。

Img_4952トリミングしたら、アトリと分かるでしょうか?この前見た時のような、大群ではありませんでしたが、100羽ぐらいは、居たかも知れません?

Img_5029sそして、自宅の近くでオオワシを見つけましたが、すぐに飛び立ちました・・・

Img_5088そして自宅から3キロほど行くと、今度はシジュウカラが居ました。

Img_5117sその後、コゲラが現れました。

Img_5130sもう一枚、コゲラです。

こちらは、コゲラの動画です。

Img_5229それから数百メートル行くと、今度はエナガが現れました。

Img_5198と思っていたら、奥のほうで、今度はノスリ2羽が絡まって飛んでいました。ペアでしょうかね?トリミング

Img_5199もう一枚ノスリです、こちらもトリミング

Img_5237そのうち、ノスリが見えなくなったので、またエナガの撮影に戻りました。

Img_5295エナガのトビモノの後ろ姿です、エナガは全てトリミング

Img_5315ちょっとピン甘ですが・・・

Img_5342こちらは、割と上手く撮れました。

Img_5353下のエナガが、上のエナガを見上げていますね。

Img_5355こちらは、エナガ2羽と、右は横切ったハシブトガラです。

珍しくエナガが羽繕いして、くつろいでいたので、動画も撮ることが出来ました。 それから、しばらく何も見なかったのですが、街まであと数キロというところで、柳の木に止まった、オジロワシを見つけました。

Img_5388s

Img_5394sオジロワシの引いた写真です。

Img_5471sネコヤナギと、オジロワシというのも、余り見ない組み合わせかも?

Img_5478sこのオジロワシは、かなり頭が白くて、結構年を取っているかも知れません?それにしても、街に着く前に、こんなに撮ってしまうとは・・・ 次は、海岸編ですが、ハッキリ言って、引っ張るほどのものは、ありません。。ただ単に、たくさん撮ったので、2つに分けました。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

久しぶりのエナガ

今日は朝から晴れて良い天気になりましたが、流氷が来ているせいか、風が冷たいですね・・・

午後からちょっと、出かけたら、久しぶりにエナガを見ることが出来ましたが、今日見たのは、エナガのみでした・・・

Img_4679s久しぶりに撮ることができたエナガです。

Img_4678こちらはトリミングしたエナガです、やっぱり可愛いです。

Img_4689枝から枝に飛び移るエナガです、こちらもトリミング

Img_4787sエナガは、7~8羽の群れで行動していましたが、トビモノはピンボケ・・・

Img_4798それでもなんとか、1羽だけピントが来ていました、こちらもトリミング

Img_4665s今日も、あちこちで、盛り上がった足跡を見ました。

Img_4669s多分、ユキウサギと、キタキツネの足跡が交差したところです。

Img_4817sこちらは、坂を登っていくウサギの足跡です、なぜ盛り上がるかと言いますと、踏み固められた雪は、解けづらくなり、周りの雪のほうが、先に解けるので、盛り上がります。

Img_4831sこちらは、キツネの足跡かな?

Img_4846s自宅の近くの雪原ですが、足跡だらけですね・・・

Img_4865sタロウよ、寝ている場合じゃありませんよ、こんなに野生動物が闊歩しているのに・・・

Img_4852sこんな感じで、自宅の周辺は、足跡だらけです・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

オジロワシ・カップルは・・・

うちの話まりに住み着いているオジロワシのカップルですが、先月末から、交尾しないか、気をつけているのですが、中々交尾のシーンを見ませんね・・・

交尾する前には、鳴き交わしをするので、家の中にいても、ワキャキャキャキャ・・・と騒がしいので、分かるのですが、鳴き声がするたびに、窓を開けて覗くのが良くないのか、さっぱり交尾してくれません。。。

Img_4637s左がオスで右がメスです、2羽接近していたのに、交尾してくれませんでした。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

一本の木で・・・

今日は朝から晴れて良い天気になりましたが、流氷が来ているせいか、風が冷たかったです。

午後からちょっと、出かけたら、久しぶりにカラ類や、カワラヒワなどの小鳥を、たくさん撮ることが出来ました。

Img_4381sキレンジャクは、こんな感じで、ナナカマドに止めてみました、コレで彫りが終わったので、やっと色塗りが始められます、でもこちらは、しばらく放置して、マガモのデコイから塗り始めます。
Img_4389sまずは、うちのオジロワシを撮りました、頻繁に見られるのも、後1ヶ月ぐらいでしょうか?

Img_4395sキツネやウサギなどの足跡がたくさん付いていました。

Img_4410sこちらは、木の影を撮ってみました、今日はあまり暖かくは無かったですが、日差しは強くなってきた感じがします。

Img_4403sこちらは、樹の枝になにか引っかかっていると思ったら、なんと軍手でした、こんな所に、どうしたのでしょう?風で飛んできたのかな?ヒトの手が届くような場所ではありませんしね・・・

Img_4419sここからが、1本のカラマツに集まってきた小鳥たちです、待っていたら次々とやってきました。写真はハシブトガラです。

Img_4432そして、ヒガラです、トリミングしています。

Img_4447sそして、まるで忍者のように隠れているこの鳥もやってきました。

Img_4451そうです、キバシリです、トリミングしています。

Img_4468そして、カワラヒワもやってきました、トリミング。

Img_4484そして、コゲラもやって来ました、こちらもトリミング、コレで5種かな?って、取り分けて、タイトルにするほどでもありませんでしたね。。。

Img_4526sこちらは、雪原が面白い感じなっていたので、撮ってみました、トラクターで除雪した所に、雪が積もってこうなったようです。

Img_4591こちらは、ハシブトガラ2羽のトビものです、トリミング。

Img_4623sそして最後に、帰ってきても、まだ同じ木に止まっていたオジロワシを・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

流氷再び

今日は朝から曇っていましたが、用事があったので、興部の街に行ってきて、海岸付近を回ってきたら、なんと今頃になって、流氷本体の氷と思われる、白い山のような氷が押し寄せてきていました。

Img_3811s朝出かけるときに撮った、うちのオジロワシ2羽、交尾しそうで、なかなかしませんね・・・見ていない所で、しているのでしょうけど?

Img_3850s興部港の側の外海は、こんな感じで流氷が押し寄せてきてました。

Img_3871s街を見下ろせる高台から撮りましたが、沖の方は海水面もありますが、手前にかなり押し寄せてきてますね。

Img_3904sまた、海を見下ろせる坂道から撮った流氷です。

Img_3919s_2沙留岬には、ビッシリと押し寄せていました。

Img_4336s沙留の海水浴場も、防氷柵を乗り越えて、流氷が入ってきてました。

Img_3982s沙留港に行くと、もうすっかり氷が溶けていましたが、ウミアイサが2羽いただけでした・・・

Img_4228sその後、いつもホオジロガモがいる、富丘の駐車場に行ったら、やっぱりホオジロガモなどが居ました。

Img_4060よく見ると、コオリガモも久しぶりに見ることが出来ました、トリミング

Img_4157sホオジロガモの群れの向こうに、黒っぽい、見慣れぬ鳥も居ると思ったら・・・

Img_4152どうやらビロードキンクロの♀のようでした、大幅トリミング

Img_4204そして更に良く見ると、クロガモのメスも居ました、右の顔を隠しているのがそうです。トリミング

Img_4222こちらは、シノリガモの群れです、トリミング。

Img_4191sでも、ビロードキンクロはすぐに飛んでいってしまいました・・・

Img_4242sこちらは、ヒメウのトビモノ

Img_4282そしてシノリガモの飛び立ち・・・横長トリミング

Img_4328sこんな感じで、奥がもっとビッシリ流氷が来て、手前だけ開いていたら、珍しい鳥もやってくるでしょうか??なんだかんだ言っても、今日もたくさん撮ってしまいました・・・

大震災から1年経ちましたね、この流氷のある海水が、津波で押し寄せてきたらと思うと、恐ろしいですね、0℃近い海水ですから、濡れた時点で即アウトでしょうね・・・しかも最初から、流氷という凶器が混じっていますね・・・恐ろしい破壊力でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

脚の肉付け

キレンジャクを止める、ナナカマドの実と枝がほぼ完成したので、今日は足をパテで肉付けしてみました。

以前もらった、キレンジャクの死骸が冷凍庫で眠っていたので、それを引っ張り出してきて、本物の脚を見ながら、作りましたが、やっぱり脚作りは難しいです、中々本物そっくりには作れませんね・・

Img_3782s背景がゴチャゴチャしていて、わかりづらいですが、ほぼ完成した、止まり木のナナカマドの実と枝です。

Img_3778s冷凍していた本物のキレンジャクの脚を見ながら、肉付けしていきます。

R0026629sキレンジャクの本物の脚のアップです。

R0026649s横から見た脚のアップです。

R0026643sこちらは僕が作った脚のアップです、うーんイマイチ・・・

R0026653sこちらは、実を付けたナナカマドの房です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

最後の鷲調査

今日は、今シーズン、最後の鷲調査の日だったので、行ってきたら、オオワシ5羽、オジロワシ8羽、不明ワシ2羽の計15羽のワシを見つけることが出来て、まずまずの成果でした。

ワシ調査は、例年だと2月20日前後の日曜日に、1度だけ行われるのですが、今シーズンは、特別に5回も調査がありました。 Img_3183sまずは、うちのオジロワシ、2羽を確認してから出かけました、写っているのは1羽ですが・・・

Img_3276s上空を飛ぶオオワシ

Img_3305s西興部の街中上空を飛ぶオジロワシ

Img_3436sこちらは、オオワシです。

Img_3326sエゾシカもあちこちで見かけました。

Img_3399sこんな雪捨場?にもエゾシカが居ました。

Img_3411sこちらの様子を伺うエゾシカの群れです。

Img_3487s道路脇の木の皮を食べていたエゾシカ。

Img_3516sそのうち1頭は、立派な角のオスジカでした。

Img_3554s思いっきり、こちらを見ていますね。

Img_3600s興部の街の上空も、オジロワシが飛んでいました、今日はうちのオジロワシ2羽以外は、すべて上空を飛んでいて、オオワシか、オジロワシか判別出来なかったワシも居ました。

Img_3614sやっと、興部港に入る道が除雪されていたので、近くまで行って見ましたが、スズガモ、ホオジロガモ、マガモ、コガモなどが、居ただけでした・・・写真はスズガモです。

Img_3627sこちらは、ホオジロガモ

Img_3643s海は、流氷が全く見えませんでした・・・

Img_3651s最後に雪原を歩くキタキツネを見ました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

久しぶりに満足行く鳥見②

コムケ湖を後にして、紋別港に寄ったら、ガリンコ号が、港内の普段は入らない、港の奥の方まで入ってきて、凍結した氷を割っていました。

どうやら、流氷が遠くに行ったので、氷を割って進むところを見せていたのでしょうね?

港では、いつもと変わらぬ顔ぶれで、ホオジロガモ、シノリガモ、ヒメウ、ウミアイサぐらいしか見当たりませんでしたが、足元から突然、ホオジロガモと、ウミアイサが飛び出したので、2~3mぐらいの距離から撮ることが出来ました。

Img_2659s紋別港に居たヒメウです。

Img_2687sそして、ホオジロガモ

Img_2664ゴマフアザラシもプカプカと浮かんでいました、トリミング

Img_2705sそして突然足元から、ホオジロガモ♂が飛び立ちました。

Img_2724s続いてウミアイサ♂が足元から出てきました。

Img_2732sこれで400mmノートリです。

Img_2741sそして飛び立ちました。

Img_2759sそして、さらにもう1羽のウミアイサ♂が、足元から出てきました。

Img_2796sこちらのウミアイサは、飛ばずにゆっくりと泳いで離れて行きました。

Img_2838s20mぐらい離れた所で、2羽のウミアイサは、落ち着いたようです、こんな感じで岸壁にくっついていたので、僕が近づいたことに気が付かなかったのでしょうね。

Img_2848sそれから、普段現れない、港内の奥にガリンコ号が進んでいくのを見つけました。

Img_2851突然のガリンコ号の襲来に驚いて、ホオジロガモの群れが、逃げ惑っていましたが、ガリンコ号のお客さんは、全くホオジロガモには興味がないらしく、誰も見ていませんでした・・・

Img_2894sそして、港内の凍結した所まで行って、氷を割って進んでいました。

Img_2911s氷を割って進むガリンコ号を正面から撮りました、手前に逃げるウミアイサも写っていますね、ガリンコ号は、前に付いている、2本の巨大なスクリューを回転させてい、氷を砕いて進んでいきます。

Img_2944sガリンコ号の上を飛んで行くホオジロガモです、やっぱり誰も見上げていません。。

Img_3010sそして、ガリンコ号は、外海に向かっていきました、それにしてもお客さんがたくさん乗っているのに、近くに流氷がなくて、残念でしたでしょうね?

こちらは、ガリンコ号の動画です。

Img_3054sガリンコ号の居なくなった後、オジロワシが飛んできて・・・

Img_3064街灯の上に止まりました。トリミング

Img_3100sオジロワシの引いた写真です、今回、ずっと画面の右上に、毛のようなゴミが付いているのに気付かずに撮ってしまいました・・・こういう写真と動画は、目立ちますね・・・センサークリーニングすれば良かった。

Img_3124s家に帰ったら、うちのオジロワシが出迎えてくれました。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

久しぶりに満足行く鳥見

今日は朝から晴れて、気温も+5℃ぐらいまで上がって、暖かかったです。

それで、コムケ湖に行ってきたら、まだヒメハジロは居ましたし、ミヤマガラスを、初撮りすることも出来ましたし、オジロワシの狩りも見ることができたので、久しぶりに満足行く鳥見となりました。

たくさん撮ったので、2回に分けて載せたいと思います。

Img_2162s行く途中で撮った、木の影です。

Img_2165s流氷は、水平線の当たりに、うっすらと白く見えるだけでした・・・

Img_2190s沙留の海水浴場には、相変わらずシノリガモがいましたし、取り残された流氷の塊もありました。

Img_2201コムケ湖に行ったら、まだヒメハジロが居ましたが、またちょっと遠かったです・・・左端がヒメハジロで、キタキツネも居ました、トリミングしています。

Img_2279ヒメハジロは、コムケ湖に現れて、もうすぐ2ヶ月になりますね、せっかく長居してくれているのに、ヒメハジロとは相性が悪いですね、行ったときは、いつも遠いです。。こちらもトリミング

Img_2289オオハクチョウとヒメハジロです、こちらもトリミング

Img_2290s400mmでノートリだと、こんな感じです。

こちらは、ヒメハジロの動画です。

Img_2244sヒメハジロを見ていたら、変な声のカラスが居ると思ってよく見たら・・・

Img_2253なんとミヤマガラスのようでした、こちらもトリミング。

R0026614こちらは、デジスコで撮ったものをトリミングした、ミヤマガラスです、貝のようなものを、くわえていますね、初見初撮りとなりました。

Img_2362突然、ホオジロガモとヒメハジロなどが、一斉に飛び立ったとおもったら・・・左がヒメハジロです、こちらもトリミング

Img_2400s豪快なオジロワシの狩りが始まりました。

Img_2403sカラスが、たくさん付きまとって、あわよくば、おこぼれに与ろうとしているのかも知れませんが、どう見ても、狩りの邪魔しているようにしか見えませんでした・・・

Img_2469狙った獲物は、ホオジロガモで、本当に執拗に追いかけていましたが、結局このホオジロガモを、仕留めることは出来ませんでした・・・トリミング

Img_2549水中に飛び込んだホオジロガモを捕まえようと失敗して、もう一度浮上したオジロワシです、横の写真を、縦長トリミング

Img_2551s下に少しだけ写っているホオジロガモ、急降下するオジロワシ、巨体の割には、かなり身軽に飛んでいました。

Img_2553そして、水中におもいっきり飛び込みました。トリミング

Img_2555オジロワシは、羽が濡れて、重たくなると、飛び上がれなくなることがあるので、心配しましたが・・・ トリミング

Img_2563s無事また、飛び立つことが出来ました。

Img_2613その後、一旦氷の上に降りて休んでいたのですが、いきなり飛び立ったと思ったら、あっという間に、先ほどのホオジロガモではなくて、ウミアイサを仕留めたようです、ウミアイサも不意を突かれたようですが、僕も不意を突かれて、撮れませんでした。。

Img_2614この写真だと、獲物はウミアイサだと分かるでしょうか?トリミング

Img_2621sオジロワシがもう1羽飛んできて、氷の上に一旦降りたのですが・・・

Img_2626sカラスがうるさいので、すぐに飛び立ち、獲物を持ったまま飛び去りました・・・

こちらは、オジロワシの狩りの動画です。 これで、コムケ湖編は、終わりです、次は紋別港編を、またあとで、アップしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »