« イマドキの野生動物 | トップページ | 久しぶりの撮影 »

2012年3月23日 (金)

声はすれども姿は見えぬ鳥、マイ・ベストテン

7Dの方は、総レリーズ数が、保証回数の15万回を超えていたらしく、オーバーホールするので、3万4千円もかかるそうです、仕方ないので、修理しますが、まだしばらく戻って来ませんので、今度は、声が聞こえてもなかなか、姿が見えない鳥の、ランキングをすることにします。

当然、ヨタカや、フクロウ、トラツグミといった、夜行性の鳥が入っても良いのですが、今回は、潜行性の強い鳥のみの、ランキングとします。

今回も、独断と偏見で順位を付けていますし、地方によっては、渡の途中で、見やすい鳥も居るかも知れませんが、その辺は気になさらず・・・

Img_115sまず10位は、声はすれども、姿が見えぬ鳥の、代表格かも知れません、ウグイスです、山の中にいるのは、なかなか見づらいのですが、海岸付近に居るのは、割りと見つけやすいです。でも、トビモノは、なかなか難しいかも知れませんね?トリミングしています2011年5月19日撮影

R0013750sそして9位は、同じウグイス科の、マキノセンニュウです、この鳥は北海道でも、見られる地域が限られていて、シリシリシリ・・・と虫のような鳴き声ですが、同じように、海岸草原でさえずる、コヨシキリのように、高い場所には滅多に出てこないで、低い所で囀りをしています。2008年6月9日撮影

Img_8538sそして8位は、こちらもウグイス科のシマセンニュウです、マキノセンニュウよりも、数は多いはずですが?更に潜行性が強くて、なかなか姿を見せてくれません。2011年6月18日撮影

Img_4979s7位は、日本で最小種の一つとされる、ミソサザイです、春先、川の近くで、早口で、囀りしているのを良く聞きますが、地味な色と小さい体のため、なかなか姿を見つけるのは難しいです。 2009年10月26日撮影

Img_11746位はルリビタキです、この鳥も潜行性が強く、割と標高の高い所で見られるらしいですが、この時は渡りの途中だったのか、運よくコムケ湖の海岸道路を歩いているところを見ることが出来ました。トリミング 2010年10月12日撮影

Img_4560s5位は、コルリです、トドマツ林などで、大きな声で囀りをしているのを、良く聞くのですが、姿を見つけるのは、本当に難しい鳥です。2008年5月24日撮影

Img_2365s4位は、こちらも日本の鳥の中では、最小種の一つの、ヤブサメです、藪の中で、シシシ・・・と、虫のような声でさえずりをして、この声は相当に高音域で、高齢になると、聞こえなくなるそうです?不格好なほど、尾羽が短いのが特徴で、姿を見つけるのは、至難の業です。2008年8月21日撮影

Img_9402そしてベスト3です、3位は、クロジです、去年始めて見ることが出来ましたが、巧みに姿を隠して、明るい場所には滅多に出てきてくれません、写真も良く撮れていませんね・・・トリミング 2011年9月27日撮影

Img_5466sそして2位は、マミジロです、この鳥を見たのは、たった一度だけで、タロウが藪から、追い出してくれて、枝に止まったので、撮ることが出来ました、まず明るい場所や、高いところには姿を現せない鳥ですね。2009年7月20日撮影

Img_7879そして栄えある1位は、エゾセンニュウです、鳴き声は、テッペンカケタカとか、テンペンハゲタカ、などと聞きなしされて、鳴き声が直ぐ側から聞こえても、巧みに姿を隠して、全く見つけることが出来ずに居ましたが、去年やっと、撮ることが出来ました、本当に最強の忍者鳥だと思います。トリミング2011年6月16日撮影

でも、僕の中でダントツの1番は、本当はコマドリなのですが、未だ撮ることが出来ていませんので、ランキングに入れることが出来ませんでした。。。

次回があるかどうか、分かりませんが、今度あるとしたら、北海道限定鳥にでも、しましょうか?

|

« イマドキの野生動物 | トップページ | 久しぶりの撮影 »

小鳥」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、シャッターユニットでしたか。
これだけは避けられない故障ですので誰にも文句言えません。weep
早く帰ってくるといいですね。
ウグイスの飛び物はすごい!!
今まで撮ったことないです。

投稿: ソングバード | 2012年3月23日 (金) 07時35分

ソングバードさん、こんにちは!

デジカメは、やっぱり、消耗品ですよね、僕の撮り方だと、2~3年が良いところかも知れませんね?

たぶん、来週中には帰ってくると思いますよ?

有難うございます、ウグイスのトビモノが撮れたのは、この一度だけです、このランキングの中の鳥は、どの鳥でも、トビモノが撮れたら凄いと思いますよ。

投稿: てっちゃん | 2012年3月23日 (金) 12時33分

ミソサザイは撮影最短よりも寄ってくるので苦労した覚えが。
クロジは知り合いの餌台に来たら連絡をもらって、毎年撮りに行ってました。
どちらも普通撮影できる鳥だと思っていたのが…。

フイルム時代の話ですけど。f(^_^)

購入思案中のOM-Dは、シャッターユニットが無いので(?)ガンガン使っても大丈夫かな?
月並みですが、早く復活出来ると好いですネ。

投稿: こっぺる | 2012年3月23日 (金) 15時21分

てっちゃんこんばんは。
エゾセンニュウがみたいですね。私の一番郷愁をさそう鳥です。
マキノセンニュウもシマセンニュウも見たいです。

投稿: snowmelt | 2012年3月23日 (金) 22時13分

>こっぺるさん
いや、ですから、地域とか、その人によっても、見やすいとか、見づらいとかあると思うのです、ですから、独断と偏見で、決めると、最初に書いてあるのですが・・・

クロジは、ソングバードさんもおっしゃっていましたが、本州では意外と見やすいみたいですね?

ミソサザイは、僕もこの時、2mぐらいの距離から撮っていますが、普段はなかなか見つけづらい鳥だと思いますよ。

>snowmeltさん
エゾセンニュウは、声がすぐ傍で聞こえても、姿が見えなくて、本当に撮るのが、難しい鳥ですね。

シマセンニュウと、マキノセンニュウでしたら、6月上旬頃に来ていただければ、たぶん撮ることが可能だと思いますよ?

投稿: てっちゃん | 2012年3月23日 (金) 22時31分

おっと、書き忘れていました、本日7Dの修理が終わって、発送したらしいです、日曜日には届くと思いますよ、意外と早くて良かったです。

投稿: てっちゃん | 2012年3月23日 (金) 22時33分

7Dの修理が意外に早く終了したので、又楽しめますねcamera

待ち遠しいですね(笑)

投稿: ほんの~り | 2012年3月23日 (金) 23時33分

ほんの~りさん、こんばんは!
有難うございます、たぶん明日には、届くんじゃないかと思われます?楽しみですが、天気が・・・

投稿: てっちゃん | 2012年3月24日 (土) 23時26分

3万4千円も取るのなら、サービスで、晴れの日一日くらい、付いて来るでしょう。

投稿: 小坊主 | 2012年3月25日 (日) 00時08分

>小坊主さん
ホント、修理費高いです、本当はニコンのP310を買おうと思っていたのですが、修理費で吹っ飛びました。。

晴れの日もいいですが、気温が暖かくなってほしいです。。

投稿: てっちゃん | 2012年3月25日 (日) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293131/44597703

この記事へのトラックバック一覧です: 声はすれども姿は見えぬ鳥、マイ・ベストテン:

« イマドキの野生動物 | トップページ | 久しぶりの撮影 »