« シマエナガがいた | トップページ | ベニヒワだらけ »

2017年3月18日 (土)

久しぶりのコムケ湖

今日は朝早く起きて、朝日を撮ってからコムケ湖に行ってきました。

Img59601_s
朝日をバックにハシボソガラスです、もう5時半には朝日が昇るようになりました。これ以上早くなったら、起きれませんね。。。
Img59651_s沙留港に居たキタキツネです。
Img59660_sアオサギも渡ってきたようですね、冬の間は南の方に、渡っていたはずです?
Img59745_sコムケ湖に行ったら、氷の上でワシ達が集まっていると思ったら・・・
Img59717オオワシとオジロワシが、獲物が何かは分かりませんが奪い合っていました。
Img59782オオワシ2羽とオジロワシが2羽居ますね。
Img59879カラスを蹴散らすオオワシです。
Img59820_s獲物を食べ尽くしたのか?ワシ達は次々と飛び去ってしまいました・・・
Img60116_sコムケ湖は、開水面が広がってしまって、ヒメハジロを探すのに、凄い時間がかかってしまいました・・・
Img60116上の写真の中央部分を超トリミングすると、やっとヒメハジロが居るのが分かりますね。
Img60083コムケ湖に居たホオジロガモのオスです。
Img59988こちらは、カワアイサの群れのトビモノ
Img59998もう一枚、カワアイサのトビモノ
Img60171オオハクチョウが氷の上で休んでいました。
Img60230それから、紋別港に行って撮ったヒドリガモのオスです。
Img60440こちらは、ウミアイサのオスです。
Img60572_sそれから、オホーツク流氷科学センターに寄って、巨大なクリオネが居ると言うので、見に行ってきました。
Img60568_sニュースにもなった6cmの超巨大クリオネはもうすでにお亡くなりになっていたらしいです、3cmぐらいのクリオネは、まだ数匹居ました、これでも普通のクリオネから見たら、相当に大きいです。
Img60531_sこちらの全身オレンジのクリオネが、去年新種と分かった、オホーテンシスです。
Img60555_sガリンコ号の模型なども展示されています。

|

« シマエナガがいた | トップページ | ベニヒワだらけ »

哺乳動物」カテゴリの記事

小鳥」カテゴリの記事

猛禽類」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
久しぶりに、コムケ湖の様子を拝見しました。
1枚目の写真、カラスだと明かさなけれが、素敵な写真なのに…・(笑)
相変わらず、賑やかなところですね。
これから徐々に南から移動してくる鳥たちで増々賑わってくるんでしょうね。
クリオネ、一度実物を見てみたいものです。

投稿: ソングバード | 2017年3月26日 (日) 17時10分

ソングバードさん 
他の鳥を太陽に入れて撮りたいものですね~

コムケ湖は、今年の冬はいまいちでしたが、それでも色々と見ることが出来ました、そろそろカモ達も、種類が増えてくるでしょうね?

クリオネは、流氷が来ている時は、運が良ければ、実際に海岸で見ることが出来ますよ。

投稿: てっちゃん | 2017年3月27日 (月) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293131/70010926

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのコムケ湖:

« シマエナガがいた | トップページ | ベニヒワだらけ »