« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月23日 (金)

またまた、コムケ湖へ

今日は三重県からお友達が来られたので、オムサロ原生花園や、コムケ湖などを案内しました。

Img11173_sオムサロ原生花園に行ったら、カメラマンが10名ぐらいも居て、ビックリしました、ほとんどが本州から来たバーダーのようです。
Img11135こちらは、センダイハギバックで撮った、コヨシキリです。
Img11219シマセンニュウがあちこちで囀りしていました。
Img11328大きな口を開けて囀るシマセンニュウ、コヨシキリに似てますが、シマセンニュウのほうが大きくて、さえずりが全く違います。
Img11192シマセンニュウは、たまにヒバリのように、囀りながら上空に舞い上がりますが、やっとそのシーンが撮れました、でも向こうのカメラマンが写ってますが。。。
Img11288こちらは、ベニマシコです、なかなかここまで、真っ赤なベニマシコは居ませんね。
Img11451それからコムケ湖に行ったら、ノビタキのトビモノを撮ることが出来ました。
Img11685_sこちらは、ノビタキのメスです。
Img11573_sコムケ湖では、随分オジロワシが集まっていると思ったら・・・
Img_7816_s海岸にオットセイだそうですが、死骸が打ち上げられていました。
Img11739_s牧草畑に降り立ったオジロワシです。
Img11746_sそして飛び立つオジロワシです。
Img11740_sこちらは、近くに居たノゴマです。
Img11865_sコムケ湖に付いたら、ドンドン霧が濃くなって来ました、霧の中でタンチョウを見つけました。
Img11897タンチョウがアオサギに接近してきました、並ぶとやはり大きさが全然違いますね。
Img11910アオサギが逃げちゃいました・・・
Img11949その後タンチョウが羽ばたいていました。
Img12046_sワタスゲとノビタキです。
Img12129_s一面のワタスゲですが、前日の雨で萎れていたのが残念でした。
Img12084ガガンボのような虫をくわえていたノビタキです。
Img12158こちらは、ショウドウツバメのコロニーです
天気はイマイチでしたが、それなりに普通にいる鳥を、一通りお見せ出来たので、良かったです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

稲妻が凄かった

昨日の夜に稲妻が凄かったので、撮ってみました。

Img10971_s昨夜の稲妻です。
Img10973_sもう一枚、稲妻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

ノビタキの雛

今日は街に行ったので、海岸付近を回ってきたら、ノビタキの巣立ち雛を撮ることが出来ました。

Img08182_s今年も、水産加工場の屋根の上にオオセグロカモメが営巣してました。
Img08411_sこちらは海岸近くの木に止まっていたアオバトです。
Img08424_sアオバトのトビモノです。
Img08440_s雛に餌を運ぶ途中でしょうね、ノビタキのオスです。
Img08464_sこちらはアオサギのトビモノです。
Img08666キツネの巣穴は、今日も1匹しか子ギツネが現れませんでした、一人っ子なのかな??
Img08724河原でコチドリが交尾している所を見ました。
Img08889アリスイがイタドリの葉に止まっていました。
Img08928地面に降りたアリスイです。
Img09042ノビタキの巣立ったばかりと思われる、雛が居ました。
Img09046どちらも、正面を向いたところが撮れました。なんだか、怒っているように見えますね?
Img09116ノビタキの給餌シーンも撮ることが出来ました。
Img09053_s雛はもう飛ぶことが出来ます。
Img09205_sカワセミを近距離から撮ることが出来ました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

エナガ親子とハリオアマツバメ

今日は晴れたので午後から山に行ったら、シマエナガの親子と、上空を飛び交うハリオアマツバメを見つけました。

Img06901雛に給餌するシマエナガです。
Img07002親はこんなに大きな蛾を捕まえていました。
Img07177もう一枚、雛に給餌するシマエナガです。
Img07326_s朴の木の葉を見上げるように撮ってみました。
Img07362_s囀りするアオジです。
Img07405_s上空をハリオアマツバメの群れが飛んでいました。
Img07456_s高速で飛び回っているので、撮るのは結構大変です。
Img07741それでも針尾雨燕の名前の由来である、尾羽の突き出た針のような羽軸が分かる写真が撮れました。
Img07698もう一枚、ハリオアマツバメです。
Img07869横から見たハリオアマツバメです、かなり太いですね、背中は順光だと反射で白っぽく見えるようです?
Img07638なんと偶然セミと一緒に写った写真がありました。
Img07936こちらは、牧草畑を走るエゾシカです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

逃げないジュウジギツネ

今日は天気が悪かったですが、用事があったので、また海岸付近を回ってきたら、漁港の近くで、全然逃げないジュウジギツネを見ました。

Img05593_sこちらは、河口に居たオジロワシです。
Img05636こちらは、モズの正面顔です。
Img05854こちらは海水を飲みに来て、海岸近くの木に止まっていたアオバトです。
Img05876砂浜に海水を飲みに降り立ったアオバトです。
Img_7554_s飛び去るアオバトの群れです。
Img05743海にはオオハムの群れが居ました。
Img06045キツネの巣穴の子ギツネは、今日も1匹しか出てきてくれませんでした・・・
Img061321匹しか居ないのかな??
Img06160こちらは、河口近くに居たショウドウツバメです。
Img06175_s漁港近くで逃げないジュウジギツネを見ました。
Img06230_s逃げないですが、おねだりギツネでもなくて、こちらのことは全く気にせず、餌を探し回っているようでした。
Img06284_s突然走り出して、ヒバリを追いかけましたが、逃げられました・・・
Img06318_s逃げられたのショックだったのか、へたり込んでしまいました・・・
Img_7622_sタンポポの綿毛に鼻をくっつけていました。
Img_7667_sそれから、海岸の方に餌を求めて、去っていきました。餌をねだって寄ってくるキツネは嫌ですが、こんな風にじっくり撮らせてくれるキツネは、カメラマンとしては嬉しいですね。
Img06397_sこちらは、さえずりするコヨシキリです。
Img06472_sこちらは、藻興部川河口に居たキアシシギです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

クロヅル、ヘラサギ初撮り

先月の6日に、僕がコムケ湖に到着する5分前に飛んだらしい、クロヅルが再び現れたと言うので、行ったら、すぐにタンチョウと2羽で居る所を撮ることが出来ました。

Img02359_sコムケ湖に付いたら、クロヅルとタンチョウが一緒にいるのを見つけました。
Img02569_s撮影していると、寝ていたクロヅルが起きて、伸びをしました。
Img02635_s1ヶ月前に、5分前に飛んだと言われた時は、悔しかったですが、まさか1ヶ月後に撮れるとは思っても居ませんでした。
Img02729_sそして、起きてだんだん離れていって、30分もしないうちに飛び去ってしまいました・・・
Img02797_sそして、遠くになんとヘラサギも居ました、こちらも初撮りでした。
Img02894一見横から見ると、普通に見えますが・・・
Img02907正面を向くとクチバシがヘラになっているのが分かりますね。
Img02944そしてヘラサギもまもなく、飛び去りました・・・羽が美しいですね~
Img03075_sそれから、シブノツナイ湖の方に行って、海岸草原の小鳥をたくさん撮りました、こちらはツメナガセキレイです。
Img03165_sまだ花が咲かない、シシウドの上で囀りするツメナガセキレイです。
Img03218_sこちらは、大きな口を開けて、賑やかに囀りするコヨシキリです。
Img03121マキノセンニュウが珍しく、高い所にでて囀りしていました。
Img03260こちらも、あまり目立たないシマセンニュウです。
Img04502_sもう一枚、ツメナガセキレイです。
Img04128_sこちらは、ノゴマです。
Img04396ノゴマの飛び立ちです。
Img04035_s一面に咲いているセンダイハギをバックにオオジュリンです。
Img04583飛んでいる虫を見ている、オオジュリンです、この後空中キャッチしていましたが撮れませんでした・・・
Img03824_sこちらは、工事現場に出来た、ショウドウツバメのコロニーです。
Img03637_s穴だらけでした、ショウドウツバメが100羽以上居るようで、当たりが騒然としていました。
Img_7512_sそれにしても、普通にタンチョウが見られるようになるなんて、5年前なら信じられないことですね、この2羽はクロヅルと一緒に居たのとは、別個体です。
Img03935こちらは、上空をディスプレーフライトしていたオオジシギです。
Img04448_sもちろんノビタキも居ましたが、例年よりも少ない感じがします?
Img03984こちらは、何かの幼虫をくわえていたコチドリです。
Img04756カッコウも鳴いていました。
Img04420こちらは、バーダーの間では、何故か人気のあるオカヨシガモです、コムケ湖では少数が繁殖しているらしいです。
Img04800それから、コムケ湖の前にソリハシセイタカシギが居た場所に、セイタカシギが9羽も居てビックリしました。
Img05237帰りに藻興部川の河口に寄ったら、カワアイサの親子が居ました、母親の背中を2羽のヒナが奪い合っていました。
Img05282そして、無理やり2羽乗った時もありました。
今日はクロヅルとヘラサギを初撮り出来ましたし、本当に収穫の多い一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

キツネの親子

今日は天気が悪かったですが、用事があったので、街に行ったついでに、海岸付近を待ってきたら、やっと巣穴から子ギツネが出てきてくれました。

Img_7421_s牧草畑のタンポポが綿毛になってました。
Img00456_s流木の上で囀りしていたノゴマです。
Img00549_s河口に行ったら、疥癬に罹って、毛が抜けたジュウジギツネと思われるキツネが居ました。
Img00592痒くて意識も朦朧としているはずですが?眼力が凄かったです。
Img00608_s疥癬ジュウジギツネのジャンプです。
Img00751_s河口近くにまだ居たハシビロガモのオスです
Img00746_sハシビロガモのメスも居ました、いつまで居るのでしょうね?
Img00823_sキジバトを近距離から撮ることが出来ました。
Img00835_s尾羽を広げたキジバトです。
Img00919_s海岸に居た、オジロワシの若鳥です。
Img00960_sノゴマもあちこちで見ました。
Img00986_s巣穴からキタキツネの親子がやっと顔を出しました。
Img00995_sやっぱり、子ギツネは可愛いですね。
Img01139_s今日もベニマシコはあちこちで見かけました。
Img01071_sノビタキは、今年は全体的に数が少ない気がします?
Img01311藻興部川の河口で、エリマキシギを見ましたが、残念ながら襟巻は付いてませんでした・・・
Img01377もう一枚、エリマキシギです、これから襟が伸びるのか?それともメスなのか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »