« キツネの親子 | トップページ | 逃げないジュウジギツネ »

2017年6月 6日 (火)

クロヅル、ヘラサギ初撮り

先月の6日に、僕がコムケ湖に到着する5分前に飛んだらしい、クロヅルが再び現れたと言うので、行ったら、すぐにタンチョウと2羽で居る所を撮ることが出来ました。

Img02359_sコムケ湖に付いたら、クロヅルとタンチョウが一緒にいるのを見つけました。
Img02569_s撮影していると、寝ていたクロヅルが起きて、伸びをしました。
Img02635_s1ヶ月前に、5分前に飛んだと言われた時は、悔しかったですが、まさか1ヶ月後に撮れるとは思っても居ませんでした。
Img02729_sそして、起きてだんだん離れていって、30分もしないうちに飛び去ってしまいました・・・
Img02797_sそして、遠くになんとヘラサギも居ました、こちらも初撮りでした。
Img02894一見横から見ると、普通に見えますが・・・
Img02907正面を向くとクチバシがヘラになっているのが分かりますね。
Img02944そしてヘラサギもまもなく、飛び去りました・・・羽が美しいですね~
Img03075_sそれから、シブノツナイ湖の方に行って、海岸草原の小鳥をたくさん撮りました、こちらはツメナガセキレイです。
Img03165_sまだ花が咲かない、シシウドの上で囀りするツメナガセキレイです。
Img03218_sこちらは、大きな口を開けて、賑やかに囀りするコヨシキリです。
Img03121マキノセンニュウが珍しく、高い所にでて囀りしていました。
Img03260こちらも、あまり目立たないシマセンニュウです。
Img04502_sもう一枚、ツメナガセキレイです。
Img04128_sこちらは、ノゴマです。
Img04396ノゴマの飛び立ちです。
Img04035_s一面に咲いているセンダイハギをバックにオオジュリンです。
Img04583飛んでいる虫を見ている、オオジュリンです、この後空中キャッチしていましたが撮れませんでした・・・
Img03824_sこちらは、工事現場に出来た、ショウドウツバメのコロニーです。
Img03637_s穴だらけでした、ショウドウツバメが100羽以上居るようで、当たりが騒然としていました。
Img_7512_sそれにしても、普通にタンチョウが見られるようになるなんて、5年前なら信じられないことですね、この2羽はクロヅルと一緒に居たのとは、別個体です。
Img03935こちらは、上空をディスプレーフライトしていたオオジシギです。
Img04448_sもちろんノビタキも居ましたが、例年よりも少ない感じがします?
Img03984こちらは、何かの幼虫をくわえていたコチドリです。
Img04756カッコウも鳴いていました。
Img04420こちらは、バーダーの間では、何故か人気のあるオカヨシガモです、コムケ湖では少数が繁殖しているらしいです。
Img04800それから、コムケ湖の前にソリハシセイタカシギが居た場所に、セイタカシギが9羽も居てビックリしました。
Img05237帰りに藻興部川の河口に寄ったら、カワアイサの親子が居ました、母親の背中を2羽のヒナが奪い合っていました。
Img05282そして、無理やり2羽乗った時もありました。
今日はクロヅルとヘラサギを初撮り出来ましたし、本当に収穫の多い一日でした。

|

« キツネの親子 | トップページ | 逃げないジュウジギツネ »

哺乳動物」カテゴリの記事

小鳥」カテゴリの記事

水辺の鳥」カテゴリの記事

猛禽類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293131/70834243

この記事へのトラックバック一覧です: クロヅル、ヘラサギ初撮り:

« キツネの親子 | トップページ | 逃げないジュウジギツネ »