« キタキツネの恋の季節 | トップページ | チョウゲンボウが居た »

2018年2月22日 (木)

コムケ湖に行ってきたが・・・

今日は、コムケ湖の結氷が進んで、開水面が狭くなって、ヒメハジロが近くで見られるようになったと言うので、行ってきましたが、残念ながらヒメハジロは見当たりませんでした・・・

Img78372_s途中で昇る朝日を撮りました、この日はマイナス20℃近かったです・・・
Img78426_sでも肝心の流氷が見えなかったですが、ケアラシは立っていました、先にカメラ2台構えて撮影されている方が居ましたが、札幌の方から来られたプロの方でした。この後女満別空港に、セスナをチャーターされているとかで、流氷を上空から撮られるのでしょうね~羨ましいですね。
Img78444_s縦構図で、ケアラシと朝日です。
Img78467_s霜が付いた枯れたノリウツギの花です。
Img78579_sこちらも霜が付いた枯れ草です。
Img_6074_sコムケ湖はほぼ凍っていて、開水面はわずかでした・・・
Img78594_sコムケ湖の氷に咲いた、フロストフラワー(霜の花)です。
Img_6116_s湖口に掛かる橋から撮影しました、湖口は僅かに空いていて、そこにホオジロガモがたくさん居ました。
Img78795_sそこに居たホオジロガモです、オスばかりですね。。
Img78530_sこちらは、湖口ではない場所の開水面に居た、ホオジロガモです、メスも居ますね。
Img78820_s橋の上から、水中を泳ぐホオジロガモが撮れました。
Img78827_sもう一枚、水中を泳ぐホオジロガモです。
Img78515_sオオハクチョウは氷の上で寝ていました。
Img78946_sもう少し引いた写真です、点々とオオハクチョウが寝ていますね。
Img78759_s湖口の開水面には、シノリガモも居ました。
Img78958_s海は、流氷が転々と残っていて、水平線近くの流氷にオオワシが止まっているのが見えました。
Img_6106コムケ湖から、網走方面を撮りました、流氷が浮かんでみますね、右に斜里岳もうっすらと、見えてます。
Img79047_s帰ろうと思ったら、オオハクチョウがやっと起きて、鳴き始めました。
Img79088_s翼を羽ばたかせるオオハクチョウです。
Img79309_s紋別港に寄ったら大部分は凍っていましたが、開水面が近くにある場所の氷の上に、カワアイサや、コガモ、マガモなどが居ました。
Img79293_sこちらはホオジロガモです。
残念ながらヒメハジロは見当たりませんでしたが、また懲りずに行きたいと思います。

|

« キタキツネの恋の季節 | トップページ | チョウゲンボウが居た »

風景」カテゴリの記事

水辺の鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コムケ湖に行ってきたが・・・:

« キタキツネの恋の季節 | トップページ | チョウゲンボウが居た »