« ノゴマ完成 | トップページ | またまたエゾセンニュウ »

2018年6月 7日 (木)

またまたエゾセンニュウを撮った

今日は4時に起きてしまい、朝日を撮るのには間に合いませんでしたが、エゾセンニュウをまたまた撮ることが出来ました。

Img_9113_s朝4時45分頃の朝日です、もうこんな高い位置に朝日が・・
Img10412行く途中で道路に居るキタキツネの親子を見ました。
Img10419子ぎつねは寝転がって親に甘えていました。
Img10517_sこちらはノビタキのオスです。
Img10552_sもっと近づいて撮ったノビタキのオスです。
Img10575_s電柱に居たオオジシギです。
Img11322_s興部川の河口に居たオジロワシのペアです、こちらは、今年は営巣しなかったようです?
そういえば、オオハクチョウの幼鳥を見かけなくなりました、まさかヒシクイと一緒に飛んでいったのかな?
Img10618_s河口近くに行くと、コヨシキリが居ました。
Img10653_sノゴマも居ました。
Img10682そして、なんとなんと、エゾセンニュウがこんな高いところで囀りしているではありませんか、本当に信じられなかったです。早朝が良いみたいですね?
Img10764そして、先週エゾセンニュウを撮った場所に行ったら、2羽が少し離れて囀りしていて居たと思ったら、もう1羽の方に飛んでいって、2羽縄張り争いするところも撮ることが出来ました。
Img10787縄張り争いする2羽のエゾセンニュウです。
Img10798左側の個体が、右上の個体を見てますね。
Img10846そして、2羽とも飛び去っていきました、トビモノも撮ることが出来ました。
Img10906_sこちらは囀りするコヨシキリです。
Img10926トリミングしました、口の中まで見えますね。
Img11042_sアオバトも渡ってきてましたね。
Img111491羽を近距離から撮ることが出来ました、方が赤っぽいのがオスですね。
Img11213_s先週の授乳シーンを撮った、巣穴のキタキツネの親子は、子狐が1匹出てきただけで、すぐに穴に隠れてしまいました・・・
Img11183_sその巣穴の近くに、エゾシカが現れました、すっかり夏毛になってますね。
Img11271こちらは、公園で撮った交尾する、エゾイトトンボかな?と間男?です。。
Img11294エゾイトトンボでしょうか?アップでも撮れました。
Img11281こちらは、ヨツボシトンボです。
Img11398こちらは、オオジュリンです。
Img_9176_s藻興部川河口近くにあったら、センダイハギの群生地です、去年はこんな群生していたかな??
Img_9190_sこちらは、一面、タンポポの綿毛だらけになった牧草畑です。

|

« ノゴマ完成 | トップページ | またまたエゾセンニュウ »

哺乳動物」カテゴリの記事

小鳥」カテゴリの記事

水辺の鳥」カテゴリの記事

猛禽類」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
しばらくご無沙汰してましたが、怒涛の更新ですね。
ネタ切れ気味の昨今、羨ましい限りです。
まさに鳥・動物・昆虫・花など、てんこ盛り!!
何から見ていいのか迷ってしまいます。
エゾ潜入、もちろんこちらでは見れない鳥ですが、北海道でも珍しいのですか?

↓↓のノゴマも、お立ち台に止まってる本物のノゴマみたいですね。
こちらでは、餌付けして撮る人が多いので、こんな風にお立ち台に載ってる写真が多いんです。
バックの芝桜に溶け込んで、素晴らしい!!

投稿: ソングバード | 2018年6月 9日 (土) 07時27分

ソングバードさん、こんばんは!

最近あまりに撮りすぎてしまって、整理が追いつかずに、更新も遅くなってしまいました・・・
動画も撮りまくっていて、こちらもブログに紹介しようと思っていても、なかなかできません・・・

エゾセンニュウは、珍しくはないです、あちこちで鳴き声は聞こえますが、姿はまず見せない鳥なんです、本当に撮るのが難しい鳥なのですが、こんなに撮れるなんて、信じられないことです。

ありがとうございます、外に持っていって、普段鳥を撮っている望遠レンズで撮ったら、よりリアルさを出せるかと思って撮りました。

そちらは、そういう写真が多いのですか?困ったものですね。

投稿: てっちゃん | 2018年6月11日 (月) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293131/73647880

この記事へのトラックバック一覧です: またまたエゾセンニュウを撮った:

« ノゴマ完成 | トップページ | またまたエゾセンニュウ »