« 飛び交うショウドウツバメ | トップページ | マガモの親子 »

2019年6月27日 (木)

エゾセンニュウなんとかゲット!

今日朝3時過ぎに家をでて海岸に行ったのですが、曇っていて海から登る朝日は見えませんでした・・・
それでも、なんとか今年もエゾセンニュウを撮れましたし、ノゴマやエゾシカなど、たくさん撮ることが出来ました。

Img99352_s
こちらは4時前に撮影したノビタキです。
Img99405_s
河口に行ったら、エゾシカが歩いてきました。
Img99439_s
エゾシカとアオサギの2ショットです。
Img99471_s
水を飲みに来たのか、海水のミネラル分を摂取しに来たのかは、ちょっと分かりませんが・・・
Img99565_s
今時期のエゾシカは夏毛で綺麗ですね。
Img99555_s
エゾシカの周りをショウドウツバメが飛び交ってました。
Img99636_s
僕に気づいて走り始めました。
Img99729_s
そして川を渡ってヨシ原に消えていきました・・・
Img99822_s
こんな高い位置になってから、一瞬だけ朝日が顔を見せてくれました。
Img99811_s
朝日のアップです。
Img99848_s
河口には雛を連れたマガモの親子も見えました。
Img99976_inpixio
こちらは、かなり雛が大きくなったマガモの親子と、オシドリに、一番左は、オナガガモです。
Img99904_inpixio
今時期のオシドリのオスはエクリプスでボロボロですね・・・
Img99888_inpixio
河原を歩いていたオシドリです。
Img99900_inpixio
まだ雛が小さいマガモの親子とオシドリのメスです。
Img99925_inpixio
前に立てた止まり木にカワセミが止まってくれました。
Img00020_s
こちらは、アオジのメスです。
Img00045_s
こちらは流木に止まっていたノゴマです。
Img00093_s
電線に止まっていたノゴマのオスです。
Img00067_s
そして急に地面に降りて来て採食を始めました。600mmでノートリです。
Img00120_inpixio
こちらは花が咲いたハマナスに止まっていたノゴマです。
Img00235_inpixio
今年も、エゾセンニュウを撮ることが出来ました。
Img00257_inpixio
本当に姿を見つけるのは難しい鳥で、やっとこの鳥の見つけ方が分かってきた気がします?
Img00291_inpixio
キツネの巣穴の前で、子狐がこちらを見ていました。
Img00371_inpixio
子狐は3匹居ました。
Img00350_inpixio
じゃれ合うところもなんとか撮れました。
Img00386_inpixio
じゃれあう子狐2匹です。
Img00392_inpixio
もう一枚、じゃれ合う子狐です。
Img00556_s
海水を飲みにアオバトが来ていました。
Img00453_inpixio
アオバトの群れのトビモノです、天気が悪い割には良い色が出てますね。
Img00165_inpixio
青虫をくわえたノビタキのオスです。
Img00604_inpixio
もう一枚、ノビタキのオスです、枯れたイタドリの葉が赤くて綺麗ですね。
Img00668_inpixio
こちらは、さえずりするホオアカです。
Img00622_inpixio
電線に止まっていたカッコウです。
Img00736_s
公園に行ったら久しぶりにシマリスを見ました。
Img00806_inpixio
もう一度河口に戻ってきたらコチドリが居ました、雛も孵っていたようです。
Img00846_inpixio
雛を連れて泳ぐマガモの親子です。
Img00921_inpixio
アオサギがオシドリを追いかけ回していると思ったら・・・
Img00942_inpixio
オシドリが、スナヤツメみたいな細い魚をくわえていました。
Img00944_inpixio
すごい迫力ですね。オシドリのくわえた魚を奪おうとしていました。
Img00945_inpixio
つられてヒドリガモまで逃げていました。
Img00948_inpixio_20190630001701
なんとか魚を奪われずにオシドリは逃げ切れたようです。
Img00963_s
最後に、沖防波堤に居たたぶんカワウとオオセグロカモメなどです。

|

« 飛び交うショウドウツバメ | トップページ | マガモの親子 »

野鳥」カテゴリの記事

哺乳動物」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

水辺の鳥」カテゴリの記事

小鳥」カテゴリの記事

コメント

コチドリのひな、無事に育っているようですね。
シマリスも、子ギツネもかわいい! 
たくさんの写真、とても見甲斐があります。居ながらにして北海道の自然を見せていただき、うれしいです。
それにしても3時起床とはすごい!ですね。
午前3時と言えばこちらはまだ真夜中です。

投稿: ちどり | 2019年6月30日 (日) 19時59分

↓ エサンツツジとは函館地方の名前からとったそうですね。
北海道では一番に咲くと書いてありました。
サツキほどの大きさの花に見えますね。

投稿: ちどり | 2019年7月 1日 (月) 09時10分

ちどりさん、こんにちは!
コチドリは、先日のとは違う場所でした、前のはかなり大きくなってるはずですよ?

こちらは今時期は日の出が早いので、早く起きないと間に合いませんので・・・
エサンツツジも、たくさん咲いていると見事ですよ。花は結構大きいと思いますが、サツキがこの辺に無いので、分からないです・・・

投稿: | 2019年7月 2日 (火) 15時55分

名前忘れてました。てっちゃんです。

投稿: てっちゃん | 2019年7月 2日 (火) 15時55分

おはようございます。
無記名って気づきませんでした。
言われて気づきました。
こちらは今、梅雨の真っ最中。
じめじめしてるところにまた、大雨がやっt来るようです。京都は大丈夫だろうけど・・・。

投稿: ちどり | 2019年7月 3日 (水) 08時54分

こんばんは。
相変わらず、いろんなものがいっぱいの海岸線ですね。
エゾシカも、夏毛のほうが、すっきりしてて優しく見えますね。
エゾセンニュウ、こちらには無縁の鳥ですが、北海道でも珍しいのですね。
珍鳥を見つけた時の興奮、伝わってきそうですよ。
ノゴマも、これだけの距離で見れるなんて、こちらでは考えられません。
こちらで、これだけの距離で見れるのは餌付けされてないと無理ですね。

投稿: ソングバード | 2019年7月 3日 (水) 16時33分

ちどりさん こんばんは、そうですよね、コメントの内容で分かりますものね・・・
そちらは梅雨なのですね、こちらも霧が掛かることが多いですよ。

ソングバードさん、こんばんは!
エゾシカは夏毛はバンビ模様で綺麗ですよね。
エゾセンニュウは全然珍しくないのですよ、あちこちで鳴き声は聞こえるのですが、とにかく姿を見せなくて、撮るのは本当に難しい鳥なのです。声はすれども姿は見えずの、究極の鳥だと思います。
ノゴマはたまたま近くで撮れました、たくさんいますので、撮るチャンスはいくらでもありますよ。

投稿: てっちゃん | 2019年7月 3日 (水) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛び交うショウドウツバメ | トップページ | マガモの親子 »