水辺の鳥

2017年8月 2日 (水)

稚内に行ってきました

31日に東京のけんぢさんが、うちに来られて、けんぢさんと一緒に、稚内のOさん宅に行ってきました。

Img22776_s途中の川で釣りをするけんぢさんです。僕は昆虫撮ってました。。。
Img22779_sこんな看板?もあって、ビックリしました、動物注意と書かれているものもありましたが、何も書いてないものも・・・
Img_9206_sそれから枝幸の知り合いの所に行ったら、保護されたオオセグロカモメの雛が居て、ビックリしました、大食いで魚や、ホタテの耳を、バクバク食べてました。
Img_9237_sOさんは、高地県から稚内に移住してきた方で、今はペンションや、レストランをされています、写真は飼われている柴犬です。
Img_9239_sもう1頭、柴犬です、名前忘れました。。。
Img22843_sOさんご夫妻はハンターで、壁にはシカの頭や角、ヒグマやタヌキなどの皮が張ってありました。
Img22816そして外でバーベキューをしました。
Img22859_s次の日の朝、Oさん宅の広い庭を散歩しました。
Img22858_s池も掘ってありました。
Oさんのホームページです、稚内に行かれた時は、是非ご利用下さい。
Img22875それから、稚内市街の知り合いの所に行って、シギチが良く来る海岸に行ってみました。
Img22968_sこちらはキアシシギと、トウネンのトビモノです。
Img23017_sこちらはヒバリシギです、残念ながらシギチは、あまり居ませんでした・・・
Img23042_s稚内は風車だらけですね~
Img23057_s利尻富士も見えました。ただの山に見えますが、実は島です。
Img_9253_sそして、またOさん宅に戻って、昼食を食べたあと、帰路につきました。
Img_9256_s行きは海岸線を来ましたが、帰りは幌延や、豊富などを回って、美深、名寄などを通って帰ってきました。
1泊2日の楽しい旅行でした。(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

真っ赤に燃えた朝焼け

今日は2時半に起きて、3時頃家を出かけたら、朝焼けが真っ赤に焼けてとても綺麗でした。

Img_9113_s日の出前の海です、朝焼けで真っ赤に染まっていました。
Img_9119_s魚眼レンズで撮影した朝焼けです。
Img20308_s朝焼けをバックにカモメです。
Img20371_s漁船と朝焼けです。
Img20312_s朝焼けの中を飛ぶカモメです。
Img20421_sだいぶん日の出が遅くなって、4時10分頃に朝日が昇ってきました。
Img20431_sなんだか巾着袋のような朝日ですね。
Img20470_sこちらは八角形を半分にしたような形ですね~
Img20551_s木々の間から昇る朝日です
Img20571_s縦構図で光の道です。
Img_9136_sこちらは、宇宙から見た地球ではなくて、魚眼レンズで撮った空を逆さまにしました。
Img20584_s朝日の中にカモメを入れたかったけど、これが精一杯でした。。
Img20749公園に行ったら、コサメビタキの幼鳥だと思いますが居ました。
Img20766こちらは、シジュウカラの幼鳥
Img21578こちらはキビタキの幼鳥かと思います?
Img21600こちらは、アカハラの幼鳥です。
Img20859河口で水を飲みに来たハリオアマツバメを狙いましたが、水を飲むシーンは撮れませんでした・・・
Img20870ハリオアマツバメの飛ぶ姿はカッコ良いですね~
Img21103_sショウドウツバメも水を飲みに来ていましたが、飲むシーンは撮れず・・・
Img21057_s波消しブロックの上にはオジロワシが居ました。
Img21138砂浜を走るコチドリです、今日は雛は見当たりませんでした。
Img21342ノゴマがまださえずりをしていました。
Img21432_sこちらはヒロオビトンボエダシャクです、蛾の仲間ですが、今年はたくさん発生したようです。
Img21472ヒロオビトンボエダシャクのトビモノ
Img_9152_s魚眼レンズで撮影したヒロオビトンボエダシャク
Img_9187_sこちらはギンリョウソウの仲間の、シャクジョウソウらしいです?
Img21486_sこちらはエゾクガイソウです。
Img20726_sこちらはヤナギランです。
Img21774_s自宅に帰ってきて、川の側に行ったら、ミヤマカラスアゲハがたくさん集まって吸水していました。
Img21783_s撮影していたら、突然舞い上がったと思ったら・・・
Img21790_s撮影の邪魔するやつが・・・きっとわざと、やっているに違いない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

やっと止まり木にカワセミが止まった

今日は街に行ったついでに海岸付近を回ってきたら、河口に立てた止まり木にやっとカワセミが止まってくれました。

Img17600_s

水産加工場の屋根に営巣したオオセグロカモメの雛は、順調に育っているようです。
Img17890_sやっと河口に立てた止まり木にカワセミが止まってくれました。
Img18315_sカワセミの幼鳥が、餌取りの練習のために、何度もダイビングをしていました。
Img18438_s海水をのみに来ていたアオバトです。
Img18444_s海水を飲むアオバトです。
Img18490_s波が来ると一斉に飛び立ちます。
Img18517_sそして飛び去るアオバトの群れです。
Img17959_sこちらは河口に居たオジロワシです、泥の中で何か探しているようでした?
Img18141_sこちらを見ているオジロワシです。
Img18767_sアオサギの幼鳥が佇んでいました。
Img18371_sこちらはカワラヒワの幼鳥です。
Img18837_sアオジのオスです。
Img18863_sこちらはモズです。
Img18906公園の池に居たイトトンボのトビモノ
Img18891こちらはキタイトトンボかな?
Img18929こちらはオオイトトンボかも?
Img18974シオカラトンボも居ました。
Img19050河口に居たコチドリの親と雛です。
Img19112こちらはトウネン3羽とコチドリです、もうシギ・チドリの渡りが始まったようですね?他にもソリハシシギやアカエリヒレアシシギ見ましたが、写真は撮れませんでした・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

おねだりジュウジギツネ

今日は朝2時50分に起きて、3時過ぎに出かけて、海から昇る朝日を撮ることができました。

河口に行くと、ジュウジギツネが寄ってきて、付いて離れませんでした・・・誰か餌をあげたのでしょうね??
Img15704_s朝日が登る前に撮影したカラスです、こういう感じの写真でワシとか撮りたいですね~
Img15730_s以前撮影した逃げないジュウジギツネだと思いますが、更に人に寄ってくるようになり、おねだりギツネになってました。。
Img_8754_sなので、魚眼レンズでも撮ってみました。
Img15740_s3時50分頃に、朝日が昇ってきました
Img_8777_s今回は歪みの少ない朝日でした、四角い太陽が撮りたいですね~
Img_8799_s朝日がスッカリ昇ったところです。
Img15758_sおねだりジュウジギツネを、せっかくなので、朝日をバックに撮ろうと思ったのですが、近づいてきてしまって、思うように撮れませんでした・・・
Img15770朝焼けをバックにジュウジギツネです。
Img15774_sジュウジギツネがブルブルッとしているところです。
Img15813_s朝日に照らされた漁船です。
Img15854_sなにやらオジロワシが集っていました。
Img15911_sこちらはノゴマです。
Img15963河口の流木に止まっていたイソシギとハクセキレイの幼鳥です。
Img16006カワセミが飛んできて、イソシギが舞い上がったところです。
Img16014イソシギとカワセミです。
Img16088水面ギリギリを飛ぶカワセミです
Img16509_sカワアイサのオスとハクセキレイの幼鳥です。
Img16568_sノビタキのオスです。
Img16695_s海水をのみに来ていたアオバトの群れです。
Img16746_sもう一枚アオバトの群れのトビモノです。
Img16802_sこちらは、オジロワシの若鳥です。
Img16871_sアオサギのトビモノ
Img16936_sコチドリの親がうるさいと思ったら
Img17014コチドリの雛が居ました
Img17050種類は分かりませんが、青い花とコチドリの雛
Img17193_s帰ってきてから山で撮影したメスグロヒョウモンのオスです。
やはり早く行くと、暑くなる前に帰ってこられるので良いですね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

逃げないヤマシギ

今日はいきなり30℃以上にもなって暑かったので、夕方になってからタロウの散歩に行こうと思ったら、まだ6時頃でも25℃ぐらいあって、タロウはついてきませんでいた・・・

Img14315_s暗かったのでブレブレですがトラツグミの幼鳥です。
Img14338_s山の稜線に沈む夕日です。
Img_8419_s元共同牧場から撮影した、夕日が沈んだ後の空です。
Img_8443_s魚眼レンズで撮影した夕焼け雲です。
Img14344_s逃げるエゾシカです。
Img14426_sそして暗くなってから、林道に居たヤマシギです。
Img14471_s近づいても全然逃げないので、400mmでノートリです。
Img14470_s先を進もうと車を動かしても、全然逃げずに、轢きそうになったので、仕方ないので、バックして帰ってきました。
ここからは最近魚眼レンズで撮影した、ペットを載せますね~
Img_8137_s変顔タロウです。。
Img_8492_s
Img12679_s
Img_8509_s
ここからはケンです。
Img_8165_s
Img_8461_s
そしてハルです。
Img_8193_s
Img_8452_s
Img_8505_s

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

またまた、コムケ湖へ

今日は三重県からお友達が来られたので、オムサロ原生花園や、コムケ湖などを案内しました。

Img11173_sオムサロ原生花園に行ったら、カメラマンが10名ぐらいも居て、ビックリしました、ほとんどが本州から来たバーダーのようです。
Img11135こちらは、センダイハギバックで撮った、コヨシキリです。
Img11219シマセンニュウがあちこちで囀りしていました。
Img11328大きな口を開けて囀るシマセンニュウ、コヨシキリに似てますが、シマセンニュウのほうが大きくて、さえずりが全く違います。
Img11192シマセンニュウは、たまにヒバリのように、囀りながら上空に舞い上がりますが、やっとそのシーンが撮れました、でも向こうのカメラマンが写ってますが。。。
Img11288こちらは、ベニマシコです、なかなかここまで、真っ赤なベニマシコは居ませんね。
Img11451それからコムケ湖に行ったら、ノビタキのトビモノを撮ることが出来ました。
Img11685_sこちらは、ノビタキのメスです。
Img11573_sコムケ湖では、随分オジロワシが集まっていると思ったら・・・
Img_7816_s海岸にオットセイだそうですが、死骸が打ち上げられていました。
Img11739_s牧草畑に降り立ったオジロワシです。
Img11746_sそして飛び立つオジロワシです。
Img11740_sこちらは、近くに居たノゴマです。
Img11865_sコムケ湖に付いたら、ドンドン霧が濃くなって来ました、霧の中でタンチョウを見つけました。
Img11897タンチョウがアオサギに接近してきました、並ぶとやはり大きさが全然違いますね。
Img11910アオサギが逃げちゃいました・・・
Img11949その後タンチョウが羽ばたいていました。
Img12046_sワタスゲとノビタキです。
Img12129_s一面のワタスゲですが、前日の雨で萎れていたのが残念でした。
Img12084ガガンボのような虫をくわえていたノビタキです。
Img12158こちらは、ショウドウツバメのコロニーです
天気はイマイチでしたが、それなりに普通にいる鳥を、一通りお見せ出来たので、良かったです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

ノビタキの雛

今日は街に行ったので、海岸付近を回ってきたら、ノビタキの巣立ち雛を撮ることが出来ました。

Img08182_s今年も、水産加工場の屋根の上にオオセグロカモメが営巣してました。
Img08411_sこちらは海岸近くの木に止まっていたアオバトです。
Img08424_sアオバトのトビモノです。
Img08440_s雛に餌を運ぶ途中でしょうね、ノビタキのオスです。
Img08464_sこちらはアオサギのトビモノです。
Img08666キツネの巣穴は、今日も1匹しか子ギツネが現れませんでした、一人っ子なのかな??
Img08724河原でコチドリが交尾している所を見ました。
Img08889アリスイがイタドリの葉に止まっていました。
Img08928地面に降りたアリスイです。
Img09042ノビタキの巣立ったばかりと思われる、雛が居ました。
Img09046どちらも、正面を向いたところが撮れました。なんだか、怒っているように見えますね?
Img09116ノビタキの給餌シーンも撮ることが出来ました。
Img09053_s雛はもう飛ぶことが出来ます。
Img09205_sカワセミを近距離から撮ることが出来ました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

逃げないジュウジギツネ

今日は天気が悪かったですが、用事があったので、また海岸付近を回ってきたら、漁港の近くで、全然逃げないジュウジギツネを見ました。

Img05593_sこちらは、河口に居たオジロワシです。
Img05636こちらは、モズの正面顔です。
Img05854こちらは海水を飲みに来て、海岸近くの木に止まっていたアオバトです。
Img05876砂浜に海水を飲みに降り立ったアオバトです。
Img_7554_s飛び去るアオバトの群れです。
Img05743海にはオオハムの群れが居ました。
Img06045キツネの巣穴の子ギツネは、今日も1匹しか出てきてくれませんでした・・・
Img061321匹しか居ないのかな??
Img06160こちらは、河口近くに居たショウドウツバメです。
Img06175_s漁港近くで逃げないジュウジギツネを見ました。
Img06230_s逃げないですが、おねだりギツネでもなくて、こちらのことは全く気にせず、餌を探し回っているようでした。
Img06284_s突然走り出して、ヒバリを追いかけましたが、逃げられました・・・
Img06318_s逃げられたのショックだったのか、へたり込んでしまいました・・・
Img_7622_sタンポポの綿毛に鼻をくっつけていました。
Img_7667_sそれから、海岸の方に餌を求めて、去っていきました。餌をねだって寄ってくるキツネは嫌ですが、こんな風にじっくり撮らせてくれるキツネは、カメラマンとしては嬉しいですね。
Img06397_sこちらは、さえずりするコヨシキリです。
Img06472_sこちらは、藻興部川河口に居たキアシシギです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

クロヅル、ヘラサギ初撮り

先月の6日に、僕がコムケ湖に到着する5分前に飛んだらしい、クロヅルが再び現れたと言うので、行ったら、すぐにタンチョウと2羽で居る所を撮ることが出来ました。

Img02359_sコムケ湖に付いたら、クロヅルとタンチョウが一緒にいるのを見つけました。
Img02569_s撮影していると、寝ていたクロヅルが起きて、伸びをしました。
Img02635_s1ヶ月前に、5分前に飛んだと言われた時は、悔しかったですが、まさか1ヶ月後に撮れるとは思っても居ませんでした。
Img02729_sそして、起きてだんだん離れていって、30分もしないうちに飛び去ってしまいました・・・
Img02797_sそして、遠くになんとヘラサギも居ました、こちらも初撮りでした。
Img02894一見横から見ると、普通に見えますが・・・
Img02907正面を向くとクチバシがヘラになっているのが分かりますね。
Img02944そしてヘラサギもまもなく、飛び去りました・・・羽が美しいですね~
Img03075_sそれから、シブノツナイ湖の方に行って、海岸草原の小鳥をたくさん撮りました、こちらはツメナガセキレイです。
Img03165_sまだ花が咲かない、シシウドの上で囀りするツメナガセキレイです。
Img03218_sこちらは、大きな口を開けて、賑やかに囀りするコヨシキリです。
Img03121マキノセンニュウが珍しく、高い所にでて囀りしていました。
Img03260こちらも、あまり目立たないシマセンニュウです。
Img04502_sもう一枚、ツメナガセキレイです。
Img04128_sこちらは、ノゴマです。
Img04396ノゴマの飛び立ちです。
Img04035_s一面に咲いているセンダイハギをバックにオオジュリンです。
Img04583飛んでいる虫を見ている、オオジュリンです、この後空中キャッチしていましたが撮れませんでした・・・
Img03824_sこちらは、工事現場に出来た、ショウドウツバメのコロニーです。
Img03637_s穴だらけでした、ショウドウツバメが100羽以上居るようで、当たりが騒然としていました。
Img_7512_sそれにしても、普通にタンチョウが見られるようになるなんて、5年前なら信じられないことですね、この2羽はクロヅルと一緒に居たのとは、別個体です。
Img03935こちらは、上空をディスプレーフライトしていたオオジシギです。
Img04448_sもちろんノビタキも居ましたが、例年よりも少ない感じがします?
Img03984こちらは、何かの幼虫をくわえていたコチドリです。
Img04756カッコウも鳴いていました。
Img04420こちらは、バーダーの間では、何故か人気のあるオカヨシガモです、コムケ湖では少数が繁殖しているらしいです。
Img04800それから、コムケ湖の前にソリハシセイタカシギが居た場所に、セイタカシギが9羽も居てビックリしました。
Img05237帰りに藻興部川の河口に寄ったら、カワアイサの親子が居ました、母親の背中を2羽のヒナが奪い合っていました。
Img05282そして、無理やり2羽乗った時もありました。
今日はクロヅルとヘラサギを初撮り出来ましたし、本当に収穫の多い一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

キツネの親子

今日は天気が悪かったですが、用事があったので、街に行ったついでに、海岸付近を待ってきたら、やっと巣穴から子ギツネが出てきてくれました。

Img_7421_s牧草畑のタンポポが綿毛になってました。
Img00456_s流木の上で囀りしていたノゴマです。
Img00549_s河口に行ったら、疥癬に罹って、毛が抜けたジュウジギツネと思われるキツネが居ました。
Img00592痒くて意識も朦朧としているはずですが?眼力が凄かったです。
Img00608_s疥癬ジュウジギツネのジャンプです。
Img00751_s河口近くにまだ居たハシビロガモのオスです
Img00746_sハシビロガモのメスも居ました、いつまで居るのでしょうね?
Img00823_sキジバトを近距離から撮ることが出来ました。
Img00835_s尾羽を広げたキジバトです。
Img00919_s海岸に居た、オジロワシの若鳥です。
Img00960_sノゴマもあちこちで見ました。
Img00986_s巣穴からキタキツネの親子がやっと顔を出しました。
Img00995_sやっぱり、子ギツネは可愛いですね。
Img01139_s今日もベニマシコはあちこちで見かけました。
Img01071_sノビタキは、今年は全体的に数が少ない気がします?
Img01311藻興部川の河口で、エリマキシギを見ましたが、残念ながら襟巻は付いてませんでした・・・
Img01377もう一枚、エリマキシギです、これから襟が伸びるのか?それともメスなのか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧