水辺の鳥

2017年10月13日 (金)

真っ赤になったアッケシソウ

今頃になってアッケシソウ(サンゴ草)が真っ赤になって、そこにタンチョウの親子がはいるというので、行ってきましたが、タンチョウ親子は別の場所に居ました・・・

Img41097_s朝行く途中で撮ったエゾシカです、真っ黒ですね。
Img41173_sコムケ湖に行ったら、アトリが居ました。
Img41205_sそれからオオバンも居ました、以前はあまり見られませんでしたが、近年はだいたい毎年、この時期に見られるようになりました、写っているのは2羽ですが、11羽ぐらい居たそうです?
Img41300_sコムケ湖もカモ類が増えてきましたね、写っているのは、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモなどです。
Img41323_sこちらはヒドリガモの群れです。
Img41358_s遠くにコハクチョウの群れが居ました。
Img_0554_s共和橋の橋の欄干にアオサギが止まっていました。
Img_0570アオサギは先に次々に飛んでいってしまい、ダイサギだけ残りました、北海道のアオサギは警戒心が強いです。
Img41420_sコムケ湖のアッケシソウ(サンゴ草)は見事に真っ赤になってました、奥の方に、ハマシギなどの群れが居ます。
Img41527_sアッケシソウをバックに、マガモのトビモノです。
Img41630_sハマシギなどの群飛です。
Img41758_sオジロワシの若鳥が飛んでくると・・・・
Img42168_sカモ達が一斉に飛び立って、騒然となります。
Img_0582_s木からカモを狙うオジロワシです。
Img42211_sアッケシソウの中に、タンチョウじゃなくても、ハクチョウでも、ダイサギでも良いから入らないかと、ずっと待っていましたが、撮れたのはアオサギだけでした・・・
Img42342_sアオサギなら次から次へと飛んで来るのですが・・・
Img41832_sタンチョウ親子は、キャンプ場の対岸のメチャクチャ遠くに居ました・・・
Img41862_sこちらは、ハシブトガラです。
Img41962_sキャンプ場の近くに居たアカゲラです。
Img_0650_s帰りに共和橋にまた、こんなにたくさんアオサギが止まっていました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

またシマリスが居た

今日は街に用事があったので、ついでに海岸付近を回ってきましたが、相変わらず、鮭釣りの釣り人が多くて、行く場所が限られてしまいましたが、公園でまたシマリスを見ることができました。

Img_0450_s公園に行くとシマリスが居ました。
Img40667_sこちらは600mmで撮影した、正面顔です、思いっきり、口にどんぐり詰め込んでいますね~
Img40298_sまだアオバトが海水をのみに来ていました、そろそろ渡っていく頃でしょうか?
Img40406_sもう一枚、アオバトの群れのトビモノです。
Img40627_sノビタキのオスも、すっかり冬羽になっていました、こちらもそろそろ、渡っていく頃でしょうね?
Img40773_s黄色い羽の赤とんぼは、キトンボかな?
Img_0496_s海岸にはずっと、鮭狙いの釣り竿が並んでいました・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

ホシムクドリが居た

今日は街に行ったついでに、海岸付近を回ってきましたが、河口や海岸付近は、鮭釣りの車だらけで、鳥見どころではありませんでした。。。

でも河口近くの電線でホシムクドリが2羽止まっているのを見つけて撮ることが出来ました。
Img39618_s_s電線にちょっと変わったムクドリが居ると思って、引き返してみたら・・・
Img39674ホシムクドリでした、去年の春に湧別で初撮りしていますが、近年では全国的に、見る機会が増えてきてるようです、ヨーロッパでは数百万羽単位の大群になることもあるようです?
Img39723_s_sハシブトガラスが横に止まったと思ったら・・・
Img39725_s_s追い払われてしまい、見失ってしまいました・・・
Img39801_s_s公園に行くとベニマシコが居ました。
Img_0249_s_sベニマシコ4羽です、オスも赤い色が淡くなってきましたね~
Img39929_s_s久しぶりに公園でシマリスを見ました。
Img39941_s_sもう少しこっちを見て欲しかったですが・・・
Img39968_s_sこちらはシジュウカラの幼鳥です。
Img39978_s_s上はベニマシコのメスと、下はシジュウカラの幼鳥です。
Img40078_s_s河口の車が少し減っていたので、寄ってみたら、コガモの群れが居るだけでした・・・
河口での鳥見は、鮭が釣れなくなるまで、もう少しの辛抱ですね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

ダイサギが居た

久しぶりに興部の海岸を回ってきたら、どこも鮭釣りの釣り人だらけで、あまり撮影する場所がありませんでしたが、興部川にダイサギが居たので、たくさん撮りました。

Img37379行く途中で久しぶりにエゾリスを見ました、何年ぶりか忘れましたが、しばらく見ていませんでした・・・
Img37396_s朝霧の中、放牧された牛です。
Img_0199_s公園に差し込む朝日です。
Img37423_s河口に朝日を浴びてダイサギが居ました。
Img37829ダイサギとアオサギです。
Img37835着水したダイサギです。
Img37967_sダイサギのトビモノです。
Img38152アオサギとダイサギの首が交差したところです。
Img37960_s近くに来たダイサギです、最近見る機会が増えたとは言え、まだ秋と春の一時期しか見られないので、居たらたくさん撮ってしまいます。
Img37560
ヒヨドリがたくさん飛んでいる虫を狙って飛び上がりました。
Img37517もう一枚、虫を空中キャッチしようとするヒヨドリです。
Img37705こちらはナガボノシロワレモコウの種?を食べに来ていたベニマシコのメス。
Img37847ノビタキが良い場所に止まってくれました。
Img37759_sトビが良い形の流木に止まっていました、オジロワシとかハヤブサが止まらないかな?
Img37784_sカモたちが、海上を次々と南下していきました。
Img37885こちらは公園に居た、タカネトンボか、コエゾトンボかカラカネトンボ当たりでしょうか?
Img37892メタリックでとても綺麗なトンボでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

卯原内のアッケシソウとエリマキシギ

今日は網走に用事があったので、途中コムケ湖などに寄ってから、行きましたが、途中でタンチョウ親子をを見ましたし、能取湖の卯原内のアッケシソウの群生地の中に、エリマキシギが居たので、撮りまくってしまいました・・・

Img34429_sコムケ湖の海側の砂浜にトウネンと、ミユビシギが居ました。
Img34481_sミユビシギの手前のトウネンには青いフラグが付いてますね、たぶんコムケ湖で付けられたものです。
Img34485青いフラッグ2つは、コムケ湖で付けられたものようです、E61と書かれてますね。
Img34494_sアッケシソウ(サンゴ草)の上にアオサギが居ました。
Img34509_sそれからシブノツナイ湖の方に行ったら、またタンチョウの親子に会いました。
Img34594タンチョウの幼鳥は飛べるようになっていました。
Img34680_s親も飛び立ちました。
Img34793_sこの後、キュルキュルと飛んでいった先で、騒がしく鳴いていると思って行ったら、1羽のタンチョウが飛び去っていきました。
Img34810_sそして、なんと親子はそのまま牧草畑に居ました、ということは、もう一羽のタンチョウが、親が追い払ったのですね~まさか一カ所で4羽のタンチョウを見ることになるとは・・・
Img34930幼鳥がカエルを捕まえたところです。
Img35011_sその後も、ずっと採食を続けていましたが、タンチョウを横目に、先を急ぎました・・・
Img35041_sそれからサロマ湖のキムアネップ岬の、アッケシソウ(サンゴ草)の群生地に寄ったのですが、全然赤くなっていなくて、ビックリしました。。。
Img08647_sちなみに2年前のキムアネップのアッケシソウは、こんな感じでした、全く違いますね・・・
Img35046_sアオサギが沢山いた所はかろうじて、少し赤くなっていました・・・
Img35075_sそれから能取湖の卯原内(うばらない)のアッケシソウの群生地は、見事に赤くなっていました。
Img_0137そして観光客が次々にやって来る、木道の直ぐ側にエリマキシギが2羽いて全然逃げませんでした・・・
Img35360_s2~3mぐらいの距離から撮らせてくれるので、カービングの資料にバッチリの写真がたくさん撮れました。
Img35235_sエリマキシギ2羽です。
Img35333_sこんな上からエリマキシギを撮る機会なんて、まずありませんよね・・・
Img35907_sアッケシソウの上を歩くエリマキシギ
Img35578_sその後飛んで、もう1羽どこに居たのか、3羽になって水溜りで水浴びしていました。
Img35752_sサンゴ草の中で佇むエリマキシギ、こんな写真が撮れるなんて、最高ですよね~
観光客の方で、何人か、何の鳥だろ?って言っていたので、エリマキシギです、って教えてあげましたが、果たして覚えているだろうか???
Img36048_sそして、本当の目的は、やまね工房で行われていた、ラブバード展を見に行くことでした。
Img36052_sラブバードを作られている、田中さんは、鳥のブローチを作られて50年の大ベテランで、僕にとっては神様みたいな存在です、ブローチと写真のコラボも素晴らしいです。
田中さんのサイトはこちらです、ネットでも購入することが出来ます。
Img36067_sそれから大曲湖畔園地という所の、コスモス畑を見て帰ってきましたが・・・
Img36108_sなんとなんと、帰りは佐呂間の方で、タンチョウのペアを見ました、こちらは子育て失敗したのか?まだ若い個体だから、繁殖しなかったのか分かりませんが、シブノツナイ湖の親と違って、真っ白できれいな個体でした、なんと今日1日で、タンチョウ6羽も見たことになりますね~(@_@;)
というわけで、今日は野鳥撮影に行った訳ではなかったのですが、野鳥撮りまくりの一日になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

また、コムケ湖へ

今日は晴れたので、コムケ湖に行ってきましたが、お目当てのアッケシソウの中に来たアオバトと、タンチョウ親子は撮れませんでしたが、タンチョウ1羽は撮れました。

Img_0058_s朝出かける時は、朝霧が出ていて綺麗でした。
Img_0068_s朝霧と朝日が牧草に掛かった蜘蛛の巣を浮き出させていました、それにしにしても蜘蛛の巣だらけですね。
Img31660_s行く途中で撮影した、海岸に海水を飲みに来ていたアオバトです。
Img31800_sコムケ湖の海側の砂浜にはトウネンの群れが居ました。
Img31828_s海岸道路の近くの流木にオジロワシが止まってました。
Img31835_s僕が行くと、飛んでいってしまい・・・
Img31912_sあろうことか、アッケシソウ(サンゴ草)の中に降り立ってしまいました・・・
Img32152_sここは、アオバトが海水を飲みに来て、アッケシソウの中に降りるのですが、オジロワシが居るために、近づいてきませんでした・・・
Img32214_s30分ぐらい佇んでいましたが、やっと飛び立ってくれました。
Img32243_sそして上昇して・・・
Img32278_s急降下して魚を捕まえて、またアッケシソウの中に降り立ちました。
Img32413_sそして、また飛び立ちました。
Img32538_sトビも魚を捕まえて、アッケシソウの中へ・・・
Img32760_sこちらは、トビがミサゴばりに魚を捕まえる瞬間の連続写真です。
Img32762_s
Img32763_s
Img32764_s
Img32765_s
Img32766_s
Img32768_s
Img32769_s
Img32772_s
Img32776_s
Img32781_sトビもなかなかやるもんですね~
Img32865タンチョウが1羽だけ居ましたが、この前の親子とは違うようですね?
Img32944砂浜にムナグロが居ました。
Img32993波が来て飛び立つムナグロです。
Img32968_s砂浜に降り立つトウネンの群れ
Img33090_s砂浜で採食するトウネンの群れです。
Img33109_s一斉に飛び立つトウネンの群れです。
Img33124_s波をバックに、トウネンの群れのトビモノです。
Img33409_s砂浜にチュウシャクシギも1羽居ました。
Img_0101_sこちらは、魚眼レンズで撮影したコムケ湖です。
Img_0125_sこちらは、カセンソウかオグルマソウ、どちらかだと思われます?
お目当てのシーンは撮れませんでしたが、アッケシソウの中に佇むオジロワシや、トビの狩りも撮れましたし、天気も良くて、楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

タンチョウの親子

今日は長野からFacebookのお友達が、こちらに来られるというので、またコムケ湖を案内しに行ってきました、雨降りであいにくの天気でしたが、タンチョウ親子も見られたので良かったです。

Img28850_sコムケ湖に着くと、キタキツネが居ました。
Img28904_sたぶんカワウから魚を奪ったオジロワシ。
Img28961_sカワウの群れが一斉に飛び立ちました。
Img29112_s雨降りでしたが、タンチョウの親子が居ました、シブノツナイ湖で繁殖するようになって3年目ですが、去年は失敗したために、こちらで繁殖した2羽目の雛ですね。
Img29193_s牧草畑を採食しながら歩くタンチョウの親子
Img29252_sタンチョウの雛のアップです、この鳥だけ居たら、何の鳥かわかりませんね?
Img29321_s親がしっかり、両脇を固めてますね~
Img29536_sそれから牧場の堆肥の上で採食していました。
Img29865_s砂浜にはトウネンなどが居ました。
Img30022_sこちらはミユビシギです。
Img30179_s海にはなぜか、ハジロカイツブリが1羽だけいました。
Img30266_sハジロカイツブリと、海岸のトウネンを一緒に撮りました。
Img30408_sトウネンのトビモノです。
Img30615_sそして、もう一度タンチョウの居た場所に行ったら・・・
Img30765_s少し移動していましたが、まだ居ました。
Img30811_sやっぱりタンチョウの居る風景って良いですね~タンチョウは雨で汚れていますが・・・
なんだか、最近、にわかコムケ湖ガイドしていますね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

ショウドウツバメの大群

根室に住んでおられるFacebookのお友達が、実家に帰省されていて、コムケ湖に来られるというので、案内しに行ってきました。

Img25994_s黄色い花とオジロワシ
Img26031ツメナガセキレイが空中バトルをしていました。
Img26032次のカットです。
Img26067_sこちらは流木に止まったツメナガセキレイです。
Img26213_sとにかくショウドウツバメの大群が飛び交っていて凄いことになってました。。
Img26308_s今年巣立った雛も混じっているのでしょうね、凄かったです。
Img26708_sハマニンニクに止まったショウドウツバメ
Img26587ミサゴが木の枝を掴んで飛び去っていきました。
Img26607_sするとショウドウツバメが飛び交って、騒然としていました、ミサゴも写ってます。
Img27014_sそれにしても、すごい数ですね~1000羽ぐらい居るのかな??
Img27085_sもう一枚、ショウドウツバメのトビモノです。
Img27137_sなんだか凄すぎて、おもわずショウドウツバメだけで1000枚以上撮ってました。。。
Img27519_sそれからシギチポイントに移動して、シギチを撮りました、こちらはトウネンです。
Img27696こちらはソリハシシギです。
Img28188_sこちらはハマシギです 他にもキリアイやコチドリメダイチドリなどが見えました。
根室のお友達は、普段からエトピリカとか、アホウドリとか、フルマカモメとか、ミヤコドリとか、普段から、こちらでは見られないような、贅沢な鳥見をされているので、こちらで鳥見をしても満足されないのでは?と、心配していましたが、ツメナガセキレイは、向こうでは見られないらしく、それからシギチも、距離が近いし、種類も見られて、満足して帰られたようなので、安心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

稚内に行ってきました

31日に東京のけんぢさんが、うちに来られて、けんぢさんと一緒に、稚内のOさん宅に行ってきました。

Img22776_s途中の川で釣りをするけんぢさんです。僕は昆虫撮ってました。。。
Img22779_sこんな看板?もあって、ビックリしました、動物注意と書かれているものもありましたが、何も書いてないものも・・・
Img_9206_sそれから枝幸の知り合いの所に行ったら、保護されたオオセグロカモメの雛が居て、ビックリしました、大食いで魚や、ホタテの耳を、バクバク食べてました。
Img_9237_sOさんは、高地県から稚内に移住してきた方で、今はペンションや、レストランをされています、写真は飼われている柴犬です。
Img_9239_sもう1頭、柴犬です、名前忘れました。。。
Img22843_sOさんご夫妻はハンターで、壁にはシカの頭や角、ヒグマやタヌキなどの皮が張ってありました。
Img22816そして外でバーベキューをしました。
Img22859_s次の日の朝、Oさん宅の広い庭を散歩しました。
Img22858_s池も掘ってありました。
Oさんのホームページです、稚内に行かれた時は、是非ご利用下さい。
Img22875それから、稚内市街の知り合いの所に行って、シギチが良く来る海岸に行ってみました。
Img22968_sこちらはキアシシギと、トウネンのトビモノです。
Img23017_sこちらはヒバリシギです、残念ながらシギチは、あまり居ませんでした・・・
Img23042_s稚内は風車だらけですね~
Img23057_s利尻富士も見えました。ただの山に見えますが、実は島です。
Img_9253_sそして、またOさん宅に戻って、昼食を食べたあと、帰路につきました。
Img_9256_s行きは海岸線を来ましたが、帰りは幌延や、豊富などを回って、美深、名寄などを通って帰ってきました。
1泊2日の楽しい旅行でした。(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

真っ赤に燃えた朝焼け

今日は2時半に起きて、3時頃家を出かけたら、朝焼けが真っ赤に焼けてとても綺麗でした。

Img_9113_s日の出前の海です、朝焼けで真っ赤に染まっていました。
Img_9119_s魚眼レンズで撮影した朝焼けです。
Img20308_s朝焼けをバックにカモメです。
Img20371_s漁船と朝焼けです。
Img20312_s朝焼けの中を飛ぶカモメです。
Img20421_sだいぶん日の出が遅くなって、4時10分頃に朝日が昇ってきました。
Img20431_sなんだか巾着袋のような朝日ですね。
Img20470_sこちらは八角形を半分にしたような形ですね~
Img20551_s木々の間から昇る朝日です
Img20571_s縦構図で光の道です。
Img_9136_sこちらは、宇宙から見た地球ではなくて、魚眼レンズで撮った空を逆さまにしました。
Img20584_s朝日の中にカモメを入れたかったけど、これが精一杯でした。。
Img20749公園に行ったら、コサメビタキの幼鳥だと思いますが居ました。
Img20766こちらは、シジュウカラの幼鳥
Img21578こちらはキビタキの幼鳥かと思います?
Img21600こちらは、アカハラの幼鳥です。
Img20859河口で水を飲みに来たハリオアマツバメを狙いましたが、水を飲むシーンは撮れませんでした・・・
Img20870ハリオアマツバメの飛ぶ姿はカッコ良いですね~
Img21103_sショウドウツバメも水を飲みに来ていましたが、飲むシーンは撮れず・・・
Img21057_s波消しブロックの上にはオジロワシが居ました。
Img21138砂浜を走るコチドリです、今日は雛は見当たりませんでした。
Img21342ノゴマがまださえずりをしていました。
Img21432_sこちらはヒロオビトンボエダシャクです、蛾の仲間ですが、今年はたくさん発生したようです。
Img21472ヒロオビトンボエダシャクのトビモノ
Img_9152_s魚眼レンズで撮影したヒロオビトンボエダシャク
Img_9187_sこちらはギンリョウソウの仲間の、シャクジョウソウらしいです?
Img21486_sこちらはエゾクガイソウです。
Img20726_sこちらはヤナギランです。
Img21774_s自宅に帰ってきて、川の側に行ったら、ミヤマカラスアゲハがたくさん集まって吸水していました。
Img21783_s撮影していたら、突然舞い上がったと思ったら・・・
Img21790_s撮影の邪魔するやつが・・・きっとわざと、やっているに違いない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧